FC2ブログ

桜の醍醐寺 下醍醐

醍醐寺を歩く1 三宝院・霊宝館  2016-4-9参拝  2016-4-13

本日のコースは醍醐寺のみです。

秀吉が豪勢な花見をした醍醐寺。
真言宗醍醐派総本山 醍醐寺。
3月の終わりに行くはずだったのが、社寺友Tさんの体調不良により今日になりました。

桜、満開!!と言いたい所だけど、醍醐寺の桜ってしだれ桜で早咲きなんですね。
お寺へのアクセスやら境内なんかはリサーチしたんだけど、
桜が早咲きとは知りませんでした(゚△゚;ノ)ノ

したがって葉桜多し・・・

醍醐寺 002

総門前のしだれ桜、すでに緑で柳みたいです><

醍醐寺 004

醍醐寺前の醍醐道。
もっと混んでいるかと思ったけど空いてます。
まだ9時前だけどね。

醍醐寺 003

総門の右側の桜はなんとか咲いてます。

醍醐寺 005

世界文化遺産に登録された醍醐寺。
山上の上醍醐と麓の下醍醐から成ります。
創建は平安初期874年、理源大師聖宝。

秀吉が花見をしてから桜の名所となりました。

醍醐寺 001

総門をくぐるとお土産屋さんの特設テントがあります。
まだ、早いので営業してません。

もう少し行くと左に三宝院、右に霊宝館があります。

醍醐寺 007

三宝院の入り口。
開門は9時から。すでにたくさんの観光客が待っています。

団体客もいれば個人客もたくさん、やっぱり中国人団体客もいました。
偏見ですが、あの庭園は静かに見たいな~という思いに駆られます。

醍醐寺 006

こちらは霊宝館へ行く道。
ずっと行くと駐車場になります。

私たちは道は渋滞するし駐車場はあっという間に満車になると聞いていたので、
少し離れたところに車を置いて地下鉄で来ました。

醍醐寺 008

総門からまっすぐ行くと仁王門があり、その先に本堂があります。

微妙な色の桜並木。
おとといの雨でかなり散ってしまったんじゃないでしょうか。
数日前は薄ピンクの桜色に染まっていたことでしょう。

醍醐寺 009

三宝院の入り口の門の横には国宝の唐門があります。
天皇家の菊と豊臣家の桐の紋章が印象的です。

醍醐寺 011

拝観料は三宝院、伽藍、霊宝館の3つセットになって1500円。
それぞれ買うことも出来ますがセットの方がお得です。

9時、入場開始~

醍醐寺 012

入ってすぐの左側にしだれ桜の巨木が数本。
これ、咲いていたらどんなにか幻想的だったことでしょう。

Tさんが「今度は咲いてる時に来ようね」と無邪気に言ってるけど、
あんたが体調不良にならなかったら咲いてる時に来れたんじゃない? ┐(´-`)┌

醍醐寺 013

表書院の大玄関。
ぼや~~と見渡しているうちに中国人は行ってしまったようです。
たくさんいた日本人の団体さんもいません。
団体さんは時間に追われるのよね~

醍醐寺 016

表書院に入りました。
建物内は撮影禁止ですが、庭園は撮影OKです。
さっき見た唐門が見えます。

秀吉はこの門から出入りしていたのかな?
と思ったら朝廷からの使者を迎える時だけに扉を開いたとされるそうです。

醍醐寺 017

三宝院は永久3年(1115)、座主・勝覚僧正により創建されました。
三宝院は本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。

醍醐寺 018

庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭です。

表書院は寝殿造りの様式で襖絵や屏風は緊迫をふんだんに使った豪華絢爛な
美しい絵で隙間も無いほど埋め尽くされています。

秀吉が北政所や淀君、松丸殿を伴い優美な宴を開いたことでしょう。
でもね、淀君と松丸殿が熾烈な女の争いを繰り広げた所でもあるそうです ^m^

醍醐寺 019

団体さんはすでに行ってしまった様で、望み通り静かに庭園を眺めることができました。

しかし、5,6年間に来た時はもっと奥のお堂の方まで見学できた記憶があるのですが、、、
どうやら現在は非公開になっているみたいです。

16041401.jpg

醍醐寺の朱印帳。
ピンクの桜の模様でとてもかわいい朱印帳だったのに、なんか写真変。

表紙に「御朱印帳」と名前を書いて頂けました。
悲しいかな、自分で書くと大事故に…素敵な朱印帳が台無しになるのよね><

醍醐・三宝院

三宝院の御朱印。

醍醐寺 020

三宝院の次は霊宝館です。
霊宝館はいつでも開館しているわけではないので、調べてから来ましょう。

醍醐寺 021

今回は桜より霊宝館を見たくて春に来ました。
でも、いざ来てみると桜が~~~って思うんですよね。

醍醐寺 022

霊宝館前の庭の桜。
庭には売店もあります。

醍醐寺 023

桜じゃないけど、この斜めの木、ちょっと面白いよね。

醍醐寺 024

霊宝館の桜は八重桜で、咲く時期が少し遅い桜です。

でも、霊宝館の有名な巨木のしだれ桜はやっぱり葉桜でした。

醍醐寺 026

霊宝館の中は当然ながら撮影不可なので桜の写真です^^

醍醐寺の寺宝は国宝・重文だけでも7万5千点。
その他も含めると10万点にも及ぶそうです。

醍醐寺 025

見ごたえのあるお宝の数々で、Tさんとたっぷり1時間をかけて見学しました。
私は有名な俵屋宗達の舞楽図を見たかったんですが、今回は展示されていませんでした。

どこの社寺ももうこれでOKって言う所はないですね~
前の鞍馬寺もそうだったけど、また来ないといけないんだわ^^;

醍醐寺 027

次はにおう門をくぐって五重塔や本堂を拝観に行きます。

 醍醐寺 HP >>

<< 牛若丸の里6 鞍馬寺・後篇       醍醐寺を歩く2 下醍醐の伽藍 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 醍醐寺 秀吉 三宝院 霊宝館 国宝 しだれ桜 朱印 朱印帳

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示