FC2ブログ

在原業平ゆかりの不退寺

平城京を行く5 不退寺  2015-12-26参拝  2016-1-27

本日のコース
平城宮跡→法華寺→不退寺→佐紀神社→秋篠寺

金龍山 不退転法輪寺。
「法輪を転じて退かず」と発願し、在原業平が建立したお寺です。

佐保路の三観音巡りは法華寺、海龍王寺、不退寺の観音さんです。
しかし、春秋にしか拝観できないと思っていたんですが、
不退寺の観音さんはお会いすることができました。

まずは法華寺からすぐ近くの海龍王寺へ。
しかし、お休み。年末の掃除のようです;;
写真だけ。。。

平城京 102

質素な感じの門です。
塀もきれいに全部、漆喰が剥がれ落ちてます。

平城京 103

海龍王寺の初代住職の玄昉は遣唐使として当へ渡ったお坊さんです。
なので遣唐使船の絵があるんですね。

平城京 105

たくさんの文化財があります。

平城京 106

はーい、閉まってました (つД`)ノ 張り紙があります。
法華寺にいたおじいさんたちもココに来て、がっかりしてました。

平城京 107

海龍王寺の十一面観音像。

さてさて13時もとうに回ってお腹がだいぶ空いてます。
お昼を求めてR24へ。国道へ出たら吉野屋が目に付きました。
吉牛へGo!そういえば、少し前に滋賀に行った時もお昼を求めて彷徨って、
吉野家を見つけて牛丼を食べたな。。。。

もうちょっと行くとファミレスもあったんですが、とっとと食べて不退寺に行きたかったんです。
しかし、吉牛は満席。しばらく待ちました。
駐車場の車を見ると県外ナンバーが多かったです。
私たちみたいにランチ難民でしょうかね?

無事にお昼を食べて不退寺に向かって行きます。
法華寺一帯も古い住宅街で道も細かったんですが、
不退寺の周りは住宅と農地が混ざった古い土地で、道も凄く細く迷ったら大変。

でも一条通からまっすぐなので間違わずに行けましたけど。
自転車だしね~♪

平城京 108

南大門。鎌倉時代建立の重要文化財。

駐車場は門の前に5~6台停められます。

平城京 109

大同4年(809年)、平城天皇が譲位してのち隠棲し「萱の御所」と称したのが始まり。
その後、平城天皇の皇子である阿保親王、更に阿保親王の5男である在原業平が暮らしたそうです。
業平が伊勢神宮参詣時に受けた神勅を機に、自ら聖観音像を刻み、「不退転法輪寺」と号して
阿保親王の菩提を弔ったのが寺院としての始まりです。

文化財もたくさんありますね。

門を入ってすぐに受付があり拝観料を払って御朱印もお願いしました。
「多宝塔と石棺も見てくださいね」と声を掛けて頂きました。

平城京 110

本堂。
鎌倉時代後期の重要文化財。

木が伸び過ぎかなぁ。全体が見えないのが残念。

平城京 111

格子の美しい本堂です。

本堂に入ると高齢のご住職がいらっしゃいました。
拝観者は男性が一人、御本尊の前に座ってじっと観音さんを見上げています。

私も横に座らせてもらって観音さんを拝みます。
ご本尊の聖観音菩薩立像は藤原時代前期の重要文化財。
1.9mあります。そしてハゲハゲではありますが彩色が残っています。

近世まで秘仏で「住持一世に一度開帳」だったそうです。
なので彩色がこんなに残っているんですかね。

大きな白いリボンを着けた愛らしい観音様です。
きっと業平の好きなタイプだったに違いない!

平城京 112

拝観の男性がじーっと座っていたので、私もしばらく観音さんを拝みながら座っていたんですが、
私があちこち見ながらウロウロし始めたら、男性もウロウロし始めました。

ああ、この人は一人だし、後ろから住職の視線を一身に浴びて動けなかったのね^m^
真面目な人なんだな~と心の中で笑ってしまいました。

平城京 113

須弥壇の右横の小部屋に真っ赤に塗られた壁に太陽と月と思われる絵があり、
その部屋に小さなお社が祀られていました。これはどう見ても神社です。

私は赤い壁の太陽と月が気に入ってしばらく眺めた後、
住職にどなたを祀っているのか聞きましたら、伊勢神宮と教えてもらいました。

そういえば業平は伊勢神宮で神勅を受けてこのお寺を建立したって縁起に書いてありましたね。
HPには業平が天照大御神より賜った伊勢神鏡が祀ってあったそうですが、
伊勢神鏡は残念ながら寺外へ散逸したと書いてありました。

平城京 114

不退寺の境内はとても小さいです。
本堂と多宝塔とその前に小さな庭園と御自宅です。
狭い境内に木々が伸びて境内を覆うような印象を受けます。
石灯籠、木に埋まってません?

平城京 118

小さな池の向こうに多宝塔があります。
うーん、やっぱり木が邪魔ーー;

庭も木が多過ぎて全体像がわかりません。
きっと皇族の邸宅だったんですから、りっぱな庭園があったんでしょうね。
しかし、現在も四季折々の花の咲くお寺と紹介されてます。

冬はダメだね~ただの枯れ木ばっかだもんね。(法華寺もそうだったな)
花の時期に来たら印象も違うんでしょうねぇ。

平城京 115

多宝塔。鎌倉時代中期の重要文化財。
説明にもあるように上層が無いので普通のお堂のように見えます。

内壁には真言八祖が彩色されているけれど、かなり剥げてしまっているそうです。
その昔は快慶の千体地蔵が安置されていたそうです。

平城京 116

どこから撮っても残念ながら全体像が撮れません;;
木と池が迫っているので。。。

次は石棺。どこかな???

平城京 121

御自宅ですが、入っていいのかな?
失礼しまーす。

平城京 119

石棺、あった。御自宅の庭に。

平城京 120

近くには古墳がたくさんあり、佐紀盾列古墳群と呼ばれます。
天皇陵もたくさんありますよ。

鎌を研いだ後があるって言うのが面白いですね。
知らなかったら、ただの石ですものね^^;

平城京 122

不退寺を後にして佐紀路を通って秋篠寺を目指します。
途中、佐紀神社やその古墳群を見ながらのサイクリングです。

 不退寺 HP >>

16012502.jpg

御朱印と由緒書。在原業平の絵が書いてあったのでUP。

業平は六歌仙・三十六歌仙の一人でイケメンのプレイボーイと言う事になってます。
伊勢物語の主人公と言われ、数々の恋物語が残ってます。
伊勢の国にも彼の逸話が残っており、興味深い人物ですよね。

平城京 123

不退寺の門の前の隅にあった石仏さんたち。

<< 平城京4 法華寺                平城京6 佐紀神社(亀畑) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 平城京 佐保路 佐紀路 不退寺 在原業平

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示