桜の名所・三多気の真福院

伊勢本街道・御杖村界隈6 真福院 2015-12-19参拝  2016-1-17

本日のコース 
奈良県(曽爾村)門僕神社→(御杖村)安能寺→四社神社→
御杖神社→東禅寺→三重県(津市三多気)真福院

真福院のある三多気(みたけ)は三重県のの名所です。
伊勢本街道から真福院までの参道1.5mが並木になっています。
高地にあり、景色も抜群。
棚田と古びた家々とが織り成す光景はの名所100選に選ばれました。

一度行きたいと思いながら行ったことはないです。
なので、の名所とは知っていても、歴史ある真福院は知りませんでした。

R368を通って三重津市美杉地区に入ります。
道が細くなって昔の街道っぽい雰囲気が漂う辺りに「三多気」と案内板が出てきます。
そちらへ入ってすぐにの木が道沿いに現れます。

参道を400mくらい行った所に大きな駐車場があります。
道も細いしのシーズンは大変な混雑らしいです。
(なのでこんな時期に来ました^^;)

isehonnkaidou 097

駐車場までの道。
細くてけっこうな上り坂です。
でも、が咲いていたら良い気分で上って来れるのかも。

isehonnkaidou 096

真福院へ向かう並木の参道。
ここからもっと細くて急な登り坂になります。

がなかったら歩く気にはなりませんーー;
と、言うことで車で真福院まで行きました。

isehonnkaidou 070

鳥居の前に南無大師遍照金剛の幟が立っています。
ここには神仏習合が残っているんですね^^

駐車場は少し下った道沿いに5~6台分ありました。
もう少し上って境内にも駐車できました。

isehonnkaidou 071

真福院の由緒を調べようと思ってネットで検索しても「桜」ばっかり出てきて、
肝心の真福院に関してはちょっと触れてあるくらいでほとんどわかりませんがな。

わかったこと。
この鳥居の周りや参道に梵字石がたくさんあって、その中の一つが重文でした。
「大日種子自然石塔婆」という梵字が彫られた大きな自然石で鎌倉時代のものです。
写真、撮らなかったな~~~良い感じの石って思ったのにな~残念~~

isehonnkaidou 072

石段を登った先に赤い山門が見えます。

isehonnkaidou 073

石段の途中にある巨木。
この巨木はきっと石段を破壊したことでしょう。
植えた当時はこんなことになるとは誰も思わなかったでしょうね^^;

isehonnkaidou 074

石段の途中にある欅の大木。天然記念物です。

isehonnkaidou 075

樹齢は1000年以上。
巨木好きの人のページに桜に隠れて誰も見ていかないと嘆いておられました。
桜のない次期に来たので、ちゃんと見て帰りますよ^^

isehonnkaidou 077

山門は朱色がきれいです。修理したようですね。
古い立派な石垣に朱い山門が映えます。

isehonnkaidou 078

門をくぐると境内ですが、その向こうにまた石段があります。
上に建つのが本堂の蔵王堂。

isehonnkaidou 080

蔵王権現像が三躯、安置されています。
江戸時代初期の極彩色で2mの像です。

蔵王権現三躯といえば吉野の金峯山寺ですよね。
ここもやっぱり役行者の修行のお寺でした。

isehonnkaidou 082

本堂(蔵王堂)

三重四国八十八ヶ所の七十一番札所でした。
そちらから由緒が調べられました。

白鳳時代(670年ごろ)に役行者がこの地へ蔵王権現を祀られたのが始まり。
平安末期から室町末期(1180~1570頃)までは蔵王権現の霊場として栄え、
平清盛、伊勢国司の北畠親房らも参篭したこともあるという。

在原業平も来たとどこかに書いてありました。

isehonnkaidou 086

額は新しいです。横には鳥居の奉納。
天井を見ると色があったり無かったり。
手直ししながら古いお堂を使っているようですね。

isehonnkaidou 083

中を覗いてみました。
扉が三つ、どれも硬く閉まってます。

しかし扉の周りに美しい模様が描かれています。
このお堂が建てられた頃は色鮮やかで華やかな模様で飾られていたんでしょう。

何も知識は無いんですが、描かれた模様がお寺より神社的な気がします。

よく写真を見ると、中心に鏡があったり紙垂(しで)があったり、
仏具と神具が混ざっているようです。本当に今も神仏習合なんですね。

isehonnkaidou 084

お堂より境内を望む。

お堂からの景色が好きです。
ちょっと世界が違って見えます。そんな気がします。

isehonnkaidou 085

お堂を取り囲む石垣。

山の中にいくつかの石垣が残ってます。
霊場として隆盛を極めた頃はたくさんの堂宇が建っていたのでしょうね。

北畠氏の祈願所でしたし、平清盛が来るぐらいですものね~

isehonnkaidou 089

大師堂。

isehonnkaidou 090

何やら変わった遺物が。

isehonnkaidou 091

もう少し上の方に藤堂高虎が造った池があるそうです。
藤堂高虎は戦国武将で、津藩主になった人です。

isehonnkaidou 079

護摩堂。

護摩堂の向こうには庫裡があります。

isehonnkaidou 092

こうやって見ると田舎の農家みたいです^^;

桜の時期に境内にたくさんの出店が並んでいる写真を見ました。
地元の人がおもてなししているようでした。
年に一度の大混雑を地元民は楽しんでいるのかな?迷惑って思ってるのかな?

isehonnkaidou 093

境内からの景色。
三多気の集落は斜面にあるので遠くの山まで見渡せて眺望が良いんです。
桜が咲けば、なお一層美しいことでしょう。

この写真は山里の美しさがちっとも伝わりませんけど、
ネットに散らばる桜の時期の写真を見ると、水を張った田んぼに桜が映ってとてもキレイです。
この集落に一軒だけ残る萱葺屋根の民家も素敵です。

isehonnkaidou 094

三多気の桜は昌泰年中(899頃)、理源大師が植えられたのが起源といわれ、
その後、北畠氏が増殖して現在に至ります。

1000年以上前ですね@@
どこかに樹齢1000年の桜があるのだろうか?
そんな話は聞いたこと無いな。

isehonnkaidou 099

茶畑。石垣が気に入って写真を撮りました。

三多気の桜は山桜だそうです。
ソメイヨシノより控え目な感じですが、山桜の赤い葉っぱが好きです。
やっぱり桜の時期に来てみたいな~

 御嶽山真福寺 三重津市美杉三多気204
                     
<< 御杖村 東禅寺             平城京1 平城宮跡1 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 三重 津市 美杉 三多気 真福寺 蔵王権現 役行者

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示