底無し沼のある大笹原神社

近江の国宝三社のひとつ 大笹原神社  2015-12-13参拝  2015-12-21

本日の参拝 大笹原神社→御上神社

近江の国宝三社とは私が勝手に名付けたんですが、
大笹原神社と御上神社と苗村神社の事です。 

この三社は近くにあり、どこも国宝の建物を有しています。
苗村神社は2014年のお正月にお参りしまして、 記事はこちら >>
今回は残る二社を参ってきました。

この辺りには神社も仏閣もそりゃあもうたくさんありまして、
出来ることなら数日、宿泊して巡りたいのです。

今日もっとあちこち行きたかったんですが、第一の目的が娘の竜王アウトレットでして、
私の思うように社寺へは行けませんでした;;
前から行きたかった国宝の二社だけお参りして来ました。

R8号から昔ながらの細い道を山のほうへ入って行きます。
多少の道案内はありますが、国宝の神社にしては、なんとも寂しい参道です。

近江の神社 001

脇に空き地的な駐車場があります。
周りには民家も無く、小さな畑があるだけです。

近江の神社 003

大量の杉の落ち葉は掃除されていません。
相方は「絶対に人はいない」と言ってます。
もしかして、宮司さんがいて朱印が貰えるかもと思っていたけど、
うん、この状態ではきっと人はいないでしょうね。

近江の神社 002

由緒書の看板は新しいんですけどね。
もしかして、宮司家はもう無いんでしょうか?

大笹原神社の創建は不明ですが、野洲市周辺は多数の古墳が存在し、たくさんの銅鐸も発見されています。(銅鐸博物館もあります。ちょっと行ってみたいです。)
そんなはるか昔の人々の祈りの場所だったのでしょうか。
背後に聳える鏡山も関係あるのかもしれませんね。

近江の神社 004

手水舎も趣はないです。とりあえず、修理して使えるようにしてあるだけです。
ちょっと悲しい。。。。

近江の神社 005

拝殿。

まっすぐ参道がお社へ行くのではなくて、くるっと90度向きを変えて境内に入ります。
きっと昔は違う参道があったんでしょうね。
今、通ってきた道は山へ向かう林道のようでしたから。

近江の神社 008

拝殿は立派です。

創建は不明ですが、社伝では平安時代の寛和2年(986年)には、
越知諸実という人物が社領を寄進し、社殿を造営したと伝えられています。
その後は近江の豪族である佐々木氏の氏神として信仰を集めてきたそうです。

近江の神社 013

現在の社殿は、室町時代中期の応永21年(1414年)に、鏡山近くの古城山に置かれていた岩倉城の城主、馬淵定信が再建したものであるとされています。
この馬淵氏は佐々木氏の末裔に当たり、同じく佐々木氏の流れを汲む六角氏の家臣でした。

近江の神社 012

国宝の本殿。

拝殿があって正面からは見えません。
柵があるのでこの位置から見るのがやっとです。

東山文化の華麗な彫刻が要所々にあるそうなんですが、
ここからでは どこにあるんだかよくわかりません><

近江の神社 014

祭神は須佐之男命と妻の櫛稲田姫命。

本殿は再建後は、およそ50年ごとに屋根の葺き替えが行われ、今日に至っています。
今でも屋根の葺き替えは行われているんでしょうねぇ。
だって国宝だもんね。

近江の神社 024

大きくして撮ってみました。
斜めの格子が素敵ですね~蛙股の彫刻はあまり見えません。

近江の神社 015

本殿の左隣にある鏡の宮です。
こちらのお社は重要文化財です。室町時代中期の応永34年(1427年)の建立です。
このお宮は鏡餅の元祖を祀っています。

祭神は石凝姥命(いしこりどめのみこと)。

近江の神社 006

大篠原の地では、昔から粘りの強い良質のもち米が栽培されており、
鏡餅の発祥の地とも言われています。
この辺りは東山道(江戸時代では中山道)の宿場町でもあり、餅は旅人に食べられ、
保存食や土産物としても有名であったそうです。

近江の神社 016

本殿の右隣のお社。
宇多天皇や佐々木氏を祀っています。

近江の神社 017

どこからどう撮っても木やら棒やら邪魔な物が写り込みます;;

近江の神社 009

そしてこの神社を陰鬱な雰囲気にしているのがこの底なし沼。

近江の神社 010

寄倍の池(よるべのいけ)

かつて水不足に悩まされた際に、大篠原の人々はこの池に二基の御輿を沈め、
水不足解消を祈願しました。
るとたちまち池から大量の水が湧き出し、それ以降、例え酷い日照りが続いたとしても、
この池の水は枯れる事無く水を湧き続けるようになったという。

そのような伝説からか、大笹原神社は昔から水神の神社としても信仰を集めており、
拝殿の前では幾度と無く雨乞いの神事が執り行われていたと伝えられいます。

近江の神社 011

どうですか・・・この雰囲気。
何かもっと恐ろしい物が住み着いていそうですよね。

池の底には神輿が二基、沈んでいるそうですが、他にも何か沈んでいそうだし。
この池に身を投げたら浮いて来なさそう・・・

近江の神社 021

池に沿って奥へ行く道があります。
多分、池のほとりの小さな祠へ行くんじゃないかと思いますが、
さすがの私も行こうとは思いませんでした。

登山道以外で行くのを止めたのは初めてかも? ((´・ω・`;))

近江の神社 019

社務所。

近くには別当寺だったと思われる岩蔵寺があります。
このお寺も昔は大寺院だったそうですが、現在は小さなお寺です。

大笹原神社には鎌倉から室町時代にかけて、この岩蔵寺から寄進された557帖からなる
大般若経があるそうです。凄いね~

苗村神社も御上神社も整備されて人がたくさん参拝に来ていたのに、
ここだけは国宝でありながら、こんな状態で寂しいです。

前に湖南三山の常楽寺を不遇の寺と言いましたが、ここはさらに上を行く不遇さ加減です。
境内に桜とか紅葉とかキレイな植物を植えてみてはどうだろうか?安易な発想だけどさ ^^;

 大笹原神社 滋賀県野洲市大篠原2375

近江の神社 027

お昼ごはんを食べたお店の駐車場から神奈備っぽい山が見えたので
てっきり三上山だと思って写真を撮りました。
違ってました^^;

妙光寺山かな?この山は古墳や磨崖仏や石仏がたくさんある山だそうです。
ちょっと行ってみたい~

<< 岐阜4 三輪神社(揖斐川)           近江 御上神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 滋賀 野洲市 大笹原神社 国宝 底なし沼 佐々木

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示