舎利仏を安置する両界山横蔵寺

紅葉を探して岐阜へ3 両界山横蔵寺 2015-11-26参拝  2015-12-16

谷汲山華厳寺→両界山横蔵寺→三輪神社(揖斐川)

両界山横蔵寺(りょうかいざんよこくらじ)
伝教大師最澄の開山の古刹で、美濃の正倉院と言われています。
また紅葉の名所でもあり、舎利仏(ミイラ)でも有名です。

華厳寺から8kmくらい。
車だとすぐ着きますが、どんどん山の奥へ来たなと感じます。
華厳寺では陽が差し始めていたのに、ここはまた雨模様に逆戻り。

門前町もあるのかと思っていたら、寺の前に地元の農産品直売が二軒くらい。
しかし、閉まってます;;

岐阜谷汲 076

駐車場は広いです。5~6台停まってます。

岐阜谷汲 077

赤い橋と石垣が絵になりますね。
紅葉がイマイチなのが残念です。

岐阜谷汲 079

境内図。

岐阜谷汲 078

白と黒の塀はお城の塀のようですね。
なかなか良い感じ^^

岐阜谷汲 080

では橋を渡ってお参りに行きましょう。
この橋は医王橋というそうです。

岐阜谷汲 081

「両界山」ってかっこいい山号です。
金剛界と胎蔵界の両界を表すんだそうです。

平安、鎌倉時代はこの辺りの本山として、学問、文化の中心として栄えました。
当時は三十八の僧坊があり、百人以上の僧侶が住んでいたそうです。

中仙道から横蔵街道という巡礼道があり、一里毎に薬師さんを祀っていたんですって。
今はそんな薬師さんの祠は残っていないのかな?

岐阜谷汲 083

こちらは寺門。
この奥が駐車場から見えていた塀の中で、客殿があります。

岐阜谷汲 082

「801年、桓武天皇の勅願により伝教大師によって創建された」と書いてあります。

しかし、Wikiによると「草創や沿革については史料が乏しく、平安時代末期ころまでの寺史はほとんど不明」だそうです。
最澄がここまで来たってことも怪しいと書いてありました^^;

岐阜谷汲 084

山門。延宝3年(1675年)に再建した県の重要文化財。
天台宗で比叡山と関わりの深いお寺だったので、信長の焼き討ちに遭い、
ほとんどを焼失したそうです。

岐阜谷汲 086

山門の天井絵。家紋ですかね?

岐阜谷汲 085

大わらじと千羽鶴。仁王さんはここにはおらず、宝物館に移されてます。
仁王像には、建長8年(1256年)の銘があり、作者は鎌倉時代の仏師、肥後別当定慶です。

岐阜谷汲 088

山門を後ろから見ると二階に鐘があります。
見上げるのと見下ろすのとでは山門の印象もずいぶん違います。

岐阜谷汲 087

山門をくぐると三重塔があります。

岐阜谷汲 091

寛文3年(1663年)の再建。県の重要文化財。

昔は大日如来が安置されていましたが、このお方も現在は宝物館におられます。
平安時代最末期の寿永2年(1183年)の銘があり、筑前講師という人の作です。
大日如来は国の重要文化財。優美な美しい仏像でしたよ~

岐阜谷汲 089

境内の様子。

寺伝によりますと、最澄は比叡山の本尊・薬師如来と同じ霊木で、もう一体薬師如来を自ら彫り、
その仏を担いで諸国を旅したが、この地まで来た時に薬師如来像が動かなくなったので、
ここに一寺を建立して薬師如来像を祀ることにし、地元の三和次郎大夫藤原助基が寺を建立したという。

仏像が動かなくなるとか華厳寺の由緒と似てますね。
偶然ですかね?それとも由緒にはよくある話?

まあ、この話はどうも怪しいらしいですけど、平安時代からお寺があったことは
間違いないんですよね。

岐阜谷汲 090

弁天池と滝。
うーん、苔むし方がいいですね~~

大寺院であった頃はさらに山奥の山頂近くにあり、本堂跡、仁王門跡は
今でも山中に残っているそうです。

岐阜谷汲 092

本堂。
寛文11年(1671年)に再建。県の重要文化財。

岐阜谷汲 093

御本尊は最澄の彫った薬師如来像・・・と言いたい所ですが、元の本尊は延暦寺にあります。
「延暦寺本尊と同じ霊木から造られた、最澄自作の像」と言う事で、信長の焼き討ちですべてを
焼失した延暦寺に移されたそうです。

岐阜谷汲 094

代わりに洛北の御菩薩池(みぞろがいけ、現・京都市北区の深泥池)から移されたのが、
横蔵寺の現本尊である薬師如来像だそうです。
鎌倉前期の慶派か円派の仏師による像と考えられています。

しかし秘仏で60年に一度の御開帳です。今度はいつだろう?

岐阜谷汲 095

本堂にこんな看板が。。。^^;

岐阜谷汲 097

観音堂。こちらは新しそうです。

岐阜谷汲 096

境内の真ん中を流れる川を渡って舎利殿へ行きます。

岐阜谷汲 101

立派な大きなお堂です。
中には即身仏(そくしんぶつ)になった妙心上人が安置されています。
そして彼の生涯が紹介されていました。

ちょうど団体さんが帰られた後で、ゆっくり妙心上人とお会いできました。
宝物館共通で拝観料300円。
ここですでに書いたものですが御朱印も頂けました。

おばちゃんが説明のテープをかけてくれますよ。

岐阜谷汲 102

横蔵生まれの妙心上人は諸国を行脚し、文化14年(1817年)、断食修行の後、
今の山梨県都留市の御正体山の洞窟で即身成仏しました。
当初は成仏した地の山梨県都留郡鹿留村で保存されていたが、明治初年に山梨県庁に移され、
明治13年(1880年)に明治天皇が天覧になられた際に、故郷へ戻すようにとのお言葉があり、
明治23年(1890年)、本人の出身地の横蔵寺に戻ってきました。

彼はどんな思いで即身仏になったのでしょうか?

岐阜谷汲 099

宝物館ではなくて瑠璃殿に重要文化財の仏像さまは安置されてました。
係りのおばあさんが、「みんな、ミイラだけ見て帰ってく~」と言ってました^^;
もったいないですよね~すごい仏像があるのに。

仁王門の仁王さんや三重塔の大日如来さんとともに、深沙大将や十二神将や四天王像もあり、
どれも平安から鎌倉、南北朝のころの作です。
御本尊の薬師さんは、多分布の掛かった箱の中。お隠れ中です。

岐阜谷汲 100

十二神将や四天王は色もきれいに残っていて、キレイでした。

数日前に見た湖南三山の都の仏師が造った十二神将や四天王は、
洗練されていて、華麗で均整も取れているし、さすが!って感じでした。

こちらの像はちょっと頭でっかちで四頭身くらい?で、細かい所が荒削りって感じ。
でもね、とっても素朴で、温かみのある像です。
きっと当時の日本人の体型はこんなもんだったんだと思います^^;


谷汲横蔵寺1

おばさんが「ミイラの印もありますよ」と言って渡してくれました。
可愛いとも言えないし、素敵とも言えないけど、有難く頂きました^人^

谷汲横蔵寺2

 両界山横蔵寺 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160

岐阜谷汲 103

私たちと入れ替わりに団体観光客が続々と来てました。
多分、横蔵寺と華厳寺と大矢田神社(美濃三山)回るバスツアーですね。
私も大矢田神社行きたいな~でもちょっと離れてるしな~

なので私は揖斐川町の三輪神社へ行きます^^v

<< 岐阜2 谷汲山華厳寺 後篇         岐阜4 三輪神社(揖斐川町) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 岐阜 谷汲 両界山 横蔵寺 最澄 妙心上人 舎利仏 即身仏 ミイラ

comment

Secret

懐かしいです

こんばんは。うわぁ、懐かしいなー。
免許とりたての頃にドライブして華厳寺と横蔵寺へ行ったんです。二つの間の道が恐怖でしたわ。若葉マークには。
もう10年ほど前なのでミイラしか覚えがなくて。こんなに立派なお寺だったのですね。

あれ?こんな立派な建物の中にいらしたっけ?薄暗い所だった気がするんです。中は暗いのかな?
訪問した夜、母に「トイレ行きたいけど思い出して怖い」と叩き起こされましたの。参りました。

No title

すみません。コメントで、舎利殿と瑠璃殿と間違えました。
だめねぇ、おっちょこちょい(死語)で~(^_^;)

Re: No title

こんにちは^^

10年も前に行かれましたか。
横蔵寺は舎利殿も瑠璃殿も新しかったです。
もしかしたら10年以内の建物かもしれませんね。

ミイラは多分、実際に見たのははじめてだと思います。
「有り難い」と言うよりはやっぱり「怖い」って思いの方が強かったです。
店番?のおばちゃんが明るくて良かったです、ハイ。

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示