満願の地 谷汲山華厳寺(前篇)

紅葉を探して岐阜へ1 谷汲山華厳寺 2015-11-26参拝  2015-12-14

谷汲山華厳寺→両界山横蔵寺→三輪神社(揖斐川)

谷汲山華厳寺(たにぐみやまけごんじ)
西国三十三観音の三十三番目の札所で満願結願の寺と言われます。
春は桜、秋は紅葉の名所です。

前から行きたいな~と思っていたお寺です。
最近、TVで立て続けに紹介されているのを見て、
もしかして呼ばれてる?なんて思って行ってきました。

華厳寺の紅葉は有名で混雑するんだろうなぁと思っていたら、
平日に相方と休みが合ったので、よし!行くぞ!と意気込んで行ってきました。

今回は社寺巡りが三箇所と少ないのです。
目的地は空いていても、道中が凄く混むんですよね~大垣の辺りが。。。。
予想以上に混んで予定時間をオーバーしたので無理せず三箇所にしました。

大垣を過ぎると「今までの渋滞は何?」って思うくらいスイスイと走れます。
山が近づくともっと車の数が減ってきます。
華厳寺は静かな山間にあります。

岐阜谷汲 001

県道251を付き当たりまで行くと通行止めになっていて、
脇に大きな駐車場がありました。
恐らく春や秋の観光シーズンは参道を歩行者天国にしているようで、
その間は駐車料金(400円)も発生するようです。

岐阜谷汲 002

すごーく広い駐車場ですが、はるか向こうに1台車が停まっているだけです。
平日で朝9時を回ったばかりで、さっきまで雨が降っていたからかな?

岐阜谷汲 004

参道。
やっぱり今年の紅葉は緑混じりのまだら紅葉です。
山の方だし寒いから、もしかしてキレイな赤い紅葉が見れるかなと思ったんだけど。
ちなみに春は桜のトンネルになるそうです。

道の両側にお土産物屋さんや食堂などがずらっと並んでいるんですが、
今はまだポツポツしか店が開いてません。
帰りには開いているんだろうか?

岐阜谷汲 005

おお~~見事な楼門。
宝暦年間(1751~1764)に再建。

岐阜谷汲 007

西国三十三観音霊場は数か所しか行ってないけど^^;
いつかすべてのお寺を巡りたいですね。

岐阜谷汲 006

楼門には仁王像が納められています。

岐阜谷汲 009

運慶作と伝わる仁王像。

岐阜谷汲 008

千社札でいっぱいです。
どうやってあんな高い所に貼ったのか、いつも不思議に思います。
しかしHPには千社札は貼らないようにと言う注意書きがありました。

千社札で埋め尽くされるのは困るけど、古びた千社札が貼ってある風景は
ここに参った人の信仰の心が感じられるようで好きです。

岐阜谷汲 010

境内図。なんか凄く広いよ。

華厳寺は拝観無料で、由緒書などがもらえませんでした。
(どこかに置いてあったのかもしれませんが)
HPにも境内図が載ってないので、上の写真しかないんですが、読めないですよね~
たくさんのお堂の写真を撮ったのですが、名前の分からないお堂がほとんどです;;

岐阜谷汲 012

放生池(ほうじょうち)に浮かぶ地蔵堂。
池の中にあるのは弁天堂だけじゃないんですね^^;

岐阜谷汲 013

石灯籠の続く参道。

岐阜谷汲 015

紅葉。。。~オレンジと緑です。
きっといつもは真っ赤に染まるんでしょう。

岐阜谷汲 016

一乗院の門。

岐阜谷汲 017

法然院。

岐阜谷汲 018

左右にお堂が建ち並んでいて、もうワケが分かりません><
とにかく写真を撮って来ました。

岐阜谷汲 019

明王院。
普通のお寺なら本堂ですよね。

お参りできるようになってましたので、入って参拝してきました。

岐阜谷汲 025

お庭に水琴窟がありました。
耳を近づけると、素敵な音色が聞こえます。
私はこの音が命の源と言うか、地球に生命を誕生させた水の音のような気がして
とても好きなんです。心が安らぐ音です。

岐阜谷汲 024

そして、、、白い像、、、@@; これは何?

岐阜谷汲 026

4月8日にお釈迦さまが乗るそうですが、踏み台があるところを見ると
参拝客が乗ってもいいのだろうか?やっぱり子供だけだろうな~ 

岐阜谷汲 021

きれいな風景です。

岐阜谷汲 020

香堂。
この向こうにやっと本堂への石段が見えてきます。

岐阜谷汲 022

雲の彫刻がすてき^^

岐阜谷汲 023

由来記。全く読めません~~~

岐阜谷汲 030

「谷汲」って多分、涸れない水の沢があったんだろうと思ってましたが、
ここはちょっと違います。涸れない油があったんです。

谷から汲み上げたのは油だったんです。
なので華厳寺では明りを灯す油に困らなかったそうです。
今でも油が出ているかは不明です^^;

岐阜谷汲 029

一切経堂。
もう本堂かと思ったら、まだまだお堂がありますよ。

岐阜谷汲 032

観世音菩薩像と勢至菩薩像。立派な大きな像でした。

岐阜谷汲 036

なかなか本堂に辿り着かないので、この奥は帰りにします。

岐阜谷汲 034

もうすぐ本堂と思ったら、あら~素敵な彫刻のお堂が~~
三十三所堂。

岐阜谷汲 035

いつもなら中の仏像を確認してお参りするんですが、お堂が多すぎて・・・

岐阜谷汲 033

これだけしか進んでませんがな^^;

しかしお堂も多いですが、石灯籠も幟もとても多いです。
たくさんの方からの奉納があるんですね。

岐阜谷汲 028

華厳寺の創建は延暦17年(798年)。
会津黒河郷の豪族大口大領なる人物によって創建されました。

大口大領は都の仏師に依頼して自らの信仰する十一面観音の像を造立しました。
彼は観音像とともに会津に帰ろうとしていたが、途中、美濃国の赤坂(現・岐阜県大垣市)で
観音像が動かなくなり、「赤坂の北五里の山中に観音所縁の霊地がある」というお告げを受け、
大口大領は同地に草庵を建立。延暦末年に、当地で修行していた僧・豊然上人(ぶねんしょうにん)の
協力を得て華厳寺を建立しました。

岐阜谷汲 037

本堂到着。

醍醐天皇(885-930)から「谷汲山」の山号、そして「華厳寺」の扁額を下賜せられました。
天慶七年(944)、朱雀天皇より鎮護国家の道場として勅願寺に定められ、
また西国巡礼中興の祖とされる花山法皇(968-1008)は西国三十三箇所の霊場を御巡幸し、
華厳寺を第三十三番札所の満願所と定められ、御禅衣(笈摺)、御杖、及び三首の御詠歌を奉納しました。

岐阜谷汲 061

本堂到着。
お堂の中での撮影禁止と書いてあったので、ギリギリの写真です。
お堂の中で御朱印をいただけます。

ご本尊の十一面観音立像は、厳重な秘仏で、写真も公表されておらず、
制作年代、構造等の詳細は不明なんだそうです。
2009年には54年ぶりの御開帳があったそうですが、次はいつか不明><

本尊の脇侍の木造毘沙門天立像(重文、平安初期)も公開されてません。

岐阜谷汲 041

華厳寺は何度も兵火を受け焼失しました。
現在の本堂は明治12年(1879年)の再興です。

ギリギリのお堂の写真の柱に鯉がくっついているのがわかりますか?
これは「精進落としの鯉」といって満願を達成した巡礼者が精進生活から
普通の生活に戻ると言う意味で触るそうです。

岐阜谷汲 043

明治の建立なので色も残っていて奇麗ですね。
1800年代と聞くと新しいと思ってしまいますが、100年以上経っているんですよね。

岐阜谷汲 048

奉納絵馬。歌舞伎浮世絵で素敵^^

堂内の地下に「戒壇巡り」がありました。
戒壇巡りは初めてで、ワクワクしながら一人で(相方は行かなかった)行ってきました。
本日、一番目の戒壇巡りのようで何も入ってない箱に百円を入れて階段を下ります。

暗いのは知ってましたが、本当に真っ暗です。
目を開けているのか閉じているのか分かりません@@
あまりの暗さに帰ろうかと思ったくらいです。

一番奥に仏像があって拝んで帰ってくると勝手に思い込んでいたんですが
行けども行けども真っ暗で明りが見えたと思ったら出口でした。

これで良かったのだろうか?
どこかで拝むのではなかったのだろうか?

岐阜谷汲 038

この後、笈摺堂、満願堂へ行きますが、長くなってしまったので後篇へ続く。。。

<< 湖南三山5 岩根山長寿寺           岐阜2 谷汲山華厳寺 後篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 岐阜 西国三十三 谷汲 華厳寺 紅葉

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示