FC2ブログ

霊水の湧く岩根山善水寺

紅葉の湖南三山めぐり5 岩根山善水寺 2015-11-23参拝  2015-12-9

本日のコース
常楽寺→長寿寺→吉姫神社→吉御子神社→善水寺

岩根山善水寺。
岩根山なんですが、地図で見ると「十二坊」という山になってます。
この十二坊はかつて僧侶の住まいの坊舎が十二あったからだそうです。
このお寺も奈良時代からの古い歴史のあるお寺です。

善水寺は他の二寺と離れていて、R1の北側にあります。
道が細いのでぐるっと山を回って行くようにとナビに出てきます。
善水寺のHPのアクセスもそのように書いてありました。

それでも、途中から警備員が立っていて対向車を止めてくれていました。
少し走って駐車場に到着。
観光バスも車もいっぱいです。

入り口には観光協会や地元のが店を出してます。
長寿寺のように飲食できる所はないですが、
お土産が買えるのは嬉しいです。
多分、この時期だけなんでしょうけど。

受付で拝観料を払ってと御朱印をお願いします。

湖南三山 104

善水寺も境内に入ったらすぐに本堂です。
麓の町からずっと山道を登って来るのが表参道ですけど。

湖南三山 098

おお~~さすが国宝ですね~
今日はずっと感嘆の声を挙げてます^^;
大きくてフレームに収まりませんでした(これ以上、下がれなかったので;;)

今日、一番初めに拝観した常楽寺と同じくらいの大きさです。
建てられた時期も同じくらいです。

湖南三山 102

由緒は奈良時代和銅年間(708~715)元明天皇勅命により鎮護国家の道場として
草創され、和銅寺と号しました。

延暦年間、傳教大師最澄が入山。
請雨祈祷に成功。延暦寺の別院諸堂を建立。

後に桓武天皇が病気になった時、最澄が病気平癒の祈祷し、
霊水を天皇に献上したところ平癒し、岩根山善水寺の寺号を賜わりました。

湖南三山 103

現在の本堂は南北朝時代、貞治3年(1364年)または同5年(1366年)再建。

信長の比叡山焼き討ちの時、善水寺も焼き討ちに遭ったが本堂は兵火を免れました。
ご住職のお話によると最も古い比叡山式のお堂だそうです。
本家の比叡山は焼失してしまいましたからねぇ。

湖南三山 101

本堂に入って拝観させて頂きます。

お堂内には椅子が並べられ、ご住職がいろいろ話してくださいます。
すごく興味深い話を聞かせてもらいました。面白かったです!

お話を聞くと仏像を拝観するんですが、会場?はまたすぐに拝観者でいっぱいです。
ご住職、休む間もないです。

でも、来てもらえるのは有難いと嬉しそうにお話されていました。

湖南三山 100

重要文化財の御本尊の薬師如来(正暦4年(993))は秘仏で拝観できませんでした。
でも、修理の際に胎内より発見された多量の稲籾とそれを育てて収穫した稲穂が展示されてました。
稲ってすごい生命力。千年経っても生きているんだね。

他は重要文化財の四天王や金剛力士像などの平安の仏さんがずらり。
素晴らしいの一言に尽きます。見とれてしまう美しさ~

湖南三山 105

水が流れ落ちてますが、、、滝修行にしては水が少ない感じ。
このお寺は昔は修行のお寺だったそうですが、いっぱい流したら
滝修行になるのかな?

湖南三山 106

行者堂。
おっ、修験者の元祖がきたね!と思ったら、明治の廃仏毀釈によって
飯道寺からこちらへ移されたそうです。

飯道寺は飯道神社にあったお寺です。
わりとこの近くです。少し前に参拝に行ってきました^^v

湖南三山 107

この小さなお堂は床が半透明のガラスです。
よーく見てみると中には井戸があります。
閼伽井(あかい)といい、仏前に供える水を取るらしいです。

湖南三山 108

六所権現。善水寺開創よりの鎮守の神です。

湖南三山 109

本堂の横の池が百伝池。「ももつてのいけ」と言います。
この池で最澄が薬師仏を勧請し、雨乞いをした所です。

こうして上から見ると平安時代の貴族の宮殿のようですね。

湖南三山 110

この水が桓武天皇を完治させた霊水ですかね?

本堂の出口で志を納めるとペットボトルがもらえます。
ここで霊水を入れて、持ち帰ることができます。

ペットボトルはジュースのボトルじゃなくて、醤油などに使われるタイプです。
賽銭箱の前にハンマーがあるのが分かりますか?
水を入れた後、このハンマーで叩いて蓋をします。
それが分からなくて、みんな蓋が閉まらないとワイワイ。

どこかのツアー添乗員のお兄さんに教えてもらいました^^;
ツアーのおばちゃんたちに混じって、ギャーギャーいいながらキャップ完了。

湖南三山 123

採取した霊水。とにかく全部飲み干しました。

善水寺では鐘を鳴らして来ました。
鐘の音が大好きなTさんがわざわざ、鐘を鳴らしてもいいか聞きに行って、
OKをもらったので私も鳴らさせてもらいました。

お寺の鐘の音の響きは体の芯にまで響いてきて良いですよね。
煩悩が少し減ったような気がします。

ほとんどの人がこれで帰ってしまうんですが、ここから少し下ったところに観音堂があります。
遠いのかと思っていたら、すぐ近くでした。

湖南三山 111

途中には無くなった十二坊のひとつの跡地があります。
ここに僧坊があったんですね。

湖南三山 112

観音堂。
元禄9年(1696)乗蓮比丘勧進により岩蔵坊旧跡に堂建立。
ここも失われた十二坊のひとつです。

湖南三山 117

先客の方が「素晴らしい観音さんですよ」と言って去っていきました。
わー期待満載。

湖南三山 116

ほー、大きいです。2.5mを超えるいわゆる丈六像だそうです。
ピカピカなので新しいのかと思いきや、藤原時代の像です。
金網が邪魔でよく見えないのが残念。

湖南三山 118

もう少し奥まで行きましょう。そこには・・・

湖南三山 115

巨大な石と石塔?歴代住職さんのお墓かな?

湖南三山 113

大きい石を見ると磐座かなって思ってしまいます。
当たらずとも遠からず。上の方を見てください。

湖南三山 114

磨崖仏が刻まれております。不動明王です。

善水寺の周りには他にも磨崖仏があります。
今回は拝みに行かなかったんですが、次回は行ってみたいと思います。

湖南三山 119

観音堂の横にはずっと下へ下る道があります。
きっとこれが参道ですね。

ご住職の話の中で、昭和40年代まで車の通れる道がなかったそうです。
僧侶も地元民も参拝者もみんな、この道を歩いて登ってきたんですね。

ずっと登ってきた人のブログでは20分位と言うことなので、無理でもなさそうです。
次は登るかと言われると・・・そのときの都合です^^;

 岩根山善水寺 HP >>

湖南・善水寺

御朱印。

<< 湖南三山4 吉御子神社           岐阜1 谷汲山華厳寺 前篇 >> 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 湖南 三山 岩根山 善水寺 最澄 国宝 比叡山 霊水

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示