FC2ブログ

龍神の住まう大峯山龍泉寺

天の川の村へ3 大峯山龍泉寺 2015-10-31参拝  2015-11-18

本日のコース
丹生川上神社(下社)→天河大辨財社→龍泉寺→母公堂→林道吉野大峯線

白鳳年間(645〜710)役行者によって創建された修験道のお寺です。
役行者ファンの私はどうしても行きたかったお寺の一つです。
修行は無理なんだけどね。

龍泉寺は天河大辨財社より北にあり洞川(どろがわ)地区にあります。
洞川には温泉と、なんとスノーパークと言うスキー場あります。
紀伊半島にスキー場ってびっくりですよね。
地図上で見ただけなので、どんなスキー場かは不明ですけど、
結構雪の降る厳しい環境なんだと解かります。

洞川地区もすごい田舎なのかと思ったら、山と温泉と門前町でしっかり観光地でした。

天川の旅 071

龍泉寺の前の通り。
左側にあるのは立派な公衆トイレです。

紅葉がそろそろ良い具合ですね^^

天川の旅 072

すぐ横を流れる川に赤い橋が何本か架かってます。
端の向こうには旅館らしき建物。

天川の旅 076

橋の向こうは歩かなかったんですが、あちら側が門前町のお土産屋さんや旅館が
立ち並んで楽しそうな通りでした。
帰りに車で通って発見しました。ちょっと残念。。。歩きたかったな~

天川の旅 073

車はお寺の端にある駐車場に停めました。
そこからも境内には入れるんですが、ちゃんと山門から入ろうと思って歩いて来ました。

お寺の職員さんかな?おばちゃんたちが道の落ち葉を掃除してました。

天川の旅 075

こういう門はなんて言うのかな?と思いながら境内に入りました。
すると・・・

天川の旅 084

やっぱりこっちが正式な入口だよね?
いったん境内から出て、写真を撮ってまた入り直しました^^;

後でわかりましたが、この赤い門が総門で、はじめのは修験門といい、
東西に二つの修験門があるそうです。

天川の旅 077

境内に入ると真ん中にある大きな池が目を惹きます。
この池はただの庭園の一部ではないですよ。
水行をする修行の池です。

天川の旅 083

池の真ん中には役行者像。
行者さんに見守られて(監視されて?)修行をするんですね。

天川の旅 087

朱色の本堂。
御本尊は弥勒菩薩。
昭和21年(1946)の洞川の大火って言う大火事で焼失しましたが、
昭和35年(1960)に再建されました。

お堂の前には役行者が従えていた夫婦の鬼、前鬼(夫)と後鬼(妻)。

天川の旅 085

前鬼の名は義覚(ぎかく)または義学(ぎがく)で、陰陽の陽を表す赤鬼で鉄斧を手にしています。
なんと、出身地までわかってるんですよ、現在の奈良県吉野郡下北山村出身らしいです。

天川の旅 086

後鬼の名は義玄(ぎげん)または義賢(ぎけん)。
陰を表す青鬼(青緑にも描かれる)で、理水(霊力のある水)が入った水瓶を手にしてます。
現在の奈良県吉野郡天川村出身とされる。(ほんとかよ~?)

この二人の口も阿吽になってます。

余談ですが、この夫婦には5人の子供がいまして、役行者の弟子になったそうですが、
その子孫が下北山村で宿坊をしています。
明治の廃仏毀釈の後、4家は廃業しましたが、残りの一つ、五鬼助家のみが今も宿坊を開いているそうです。
そういえば天河大辨財社の宮司家も鬼の子孫でしたね。

天川の旅 078

境内の様子。水行場。

本堂の隣に寺務所があり、そちらで御朱印を頂きました。

天川の旅 082

八大竜王の護符。かっこいいけど蛇みたいだな。

天川の旅 081

境内の案内図。

かりがね橋と言う吊り橋があります。
お寺の方にどのくらい時間がかかるか聞いてみたら15分くらいと言うことなので
吊り橋とその先の展望台に行ってみることにしました。

天川の旅 088

神社やお寺の池の水って、濁っていて緑色で透明度0って事がほとんどですよね。
しかし、ここは水がとてもキレイです。(天気のせいであまり奇麗に見えないけど…)
多少、池の底には落ち葉などがありますが、基本キレイです。
まあ、行場で人が入るしね。

天川の旅 093

池の水を辿って行くとこの川からです。
小さい川ですが、水量は多いです。
この川は見るからにキレイな水だと分かりますよね。

天川の旅 091

あのキレイな川はココから流れ出ていました。
これがこれが役行者が見つけた湧き水、龍の口です。
ここの畔に庵を建てて龍泉寺が始まったんです。

天川の旅 089

湧き水どころの水量じゃなくて、ただ川の上に岩があるって感じです。
普通にゴーゴー水が流れています。
この岩の中には大峯山系から流れてくるすごい水脈があるんでしょうね。

この水を飲んだら役行者みたいに霊力が付くかもね?

天川の旅 092

龍の口の横にあった石仏さんたち。
不動明王やでかい剣があったり、錫杖が立ててあったり、荒々しい感じがします。

天川の旅 094

八大龍王堂。
八大龍王尊は役行者が龍泉寺草創の折、大峯一山の総鎮守として祀った龍神様です。
弘仁3年(808)嵯峨帝の頃、弘法大師が高野山開創以前に龍泉寺に止住され、
この宝前で雨乞の修法をされたそうです。
以来、道中安全・家業繁栄の守護神として尊崇を集めてきました。

天川の旅 095

このお堂は洞川大火の折、唯一焼失を免れたお堂でしたが、
近年老朽化により解体し、平成13年(2001)に再建されました。

天川の旅 096

現代の匠の龍ですね。

お堂は開いてなくて中の様子は分かりませんでした。
HPを見ると天井に立派な龍の絵がありました。

天川の旅 099

遊歩道の方へ行きます。

天川の旅 100

お堂もあると思ってきましたが、ここは龍王の滝。
やはり行場だと思います。
お堂だと思ったのは、滝行をする人たちの控え室?かな。

天川の旅 111

さて吊り橋に向かって行きたいと思います。

完全に山道です。
洞川周辺は遊歩道が整備されているようで、龍泉寺にも歩く気満々の格好の人が
たくさんいて、みんないつの間にかどこか山の中へ消えていきました。

鍾乳洞や展望台や役行者さんの修行した洞窟もあります。
ハイキングにはもってこいなんでしょうね。

天川の旅 112

洞川には面不動鍾乳洞と五代松鍾乳洞があります。

夏のはじめに社寺友のTさんが五代松鍾乳洞に行ってました。
五代松鍾乳洞には「ごろごろ水」と言う名水がありまして、
駐車場代500円で汲み放題でたくさんの人が大量に汲んでいくそうです。
Tさんもポリタンクを持っていって汲んで来て、
その水で御飯を炊いたら美味しかったそうですよ。

天川の旅 102

かりがね橋です。
結構揺れますが、両側がしっかりとガードされているので怖くは無いです。
無かったらかなりの恐怖かと思われます。

天川の旅 101

橋の金網の隙間から撮った洞川温泉郷。

天川の旅 103

橋の袂の木の紅葉がキレイでした。
残念ながら気が多すぎて橋はほとんど写ってませんね。

天川の旅 107

橋からまた山を登って展望台へ向かいます。

天川の旅 106

なかなかちゃんとした展望台でした。
こんなとこまで来る人はいないと思いきや、数人とすれ違いましたよ。

天川の旅 104

展望台からの景色。
おお~~と言うほどでもないです。残念ながら。

天川の旅 098

龍泉寺に戻って来ました。
右奥が駐車場です。私たちが来た時は4~5台でしたが、今はほぼ満車です。

駐車場の前にも池があります。
池のほとりの木々も色付いてとてもキレイです。
すごいカメラを持った人が良い撮影場所を探してウロウロしてます^^

天川の旅 113

池の周りを回ってみました。よい散歩コースです。

天川の旅 115

柴燈護摩(さいとうごま)道場。
護摩焚きですね。修験道の祈禱儀式です。

龍泉寺の周りには石碑がいっぱい建っていますが、これはお墓とかではなく
大峯山に登ったことを記念して石碑を奉納しているものです。
修験道の関係のお寺や神社へ行くとよくあります。
しかし、さすがに本場ですね、多いです…

天川の旅 114

さっき渡ったかりがね橋を見ながら龍泉寺を後にします。

 大峯山龍泉寺 HP >>

龍泉寺朱印

御朱印。

<< 天川村2 天河大辨財社            天川村4 大峯山母公堂 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 天川 龍泉寺 大峯山 役行者 修験道 前鬼 五鬼

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示