FC2ブログ

原始の祭祀場 まないたさま

よみがえりの熊野を巡る8 まないたさま 2015-10-10参拝  2015-11-13

本日のコース
玉置神社→滝神社→山寺権現伏拝→上山神社→大馬神社→水大師→
まないた神社→花の窟神社

まないた神社は「まないたさま」と呼ばれ、婦人病など女性の守り神として
今も信仰を集めているそうです。

「まないた」と言えば普通、料理で使う「まな板」を思い浮かべて、
平べったいデカイ石を想像しました。
しかし「天の真名井戸」が本当の名前らしいと聞き、神秘の予感♪
楽しみにして行きました。

「まないたさま」はやっぱり私のように惹き付けられる人が多いようで、
ネットで検索するとたくさんの参拝記事が出て来ます。

しかし、とにかく行き方がわからない。
私の見たネット地図には産田川の近くの山の中に「なまいた神社」と
表示されましたが、道が無い!

ネット情報とナビを頼りに産田川を遡りました。
さっきまで熊野市の街中だったのに、もの凄い山奥みたいな状態です。
玉置神社へ行く道とあまり変わらないよ。

そして、それらしき道も無く不安に思いながら走っていると集落がありました。
そこにネットで見た小屋を発見。ここだーーー!

未舗装の細い道を入って少し走ると薬師堂があります。
車はここに駐車できます。

熊野15 169

薬師堂。
普通の小屋のようですが、ちゃんと管理されてます。
お供えもたくさんありました。

熊野15 173

こっちから来ました。

ここに駐車すればいいんですが、未舗装路になったので相方は走りたかったのか、
そのまま、さらに奥へ車で進みます。
すぐに民家があり、行き止まりになりました。
道の脇に車を止めて、民家に声を声をかけようと犬に吠えられながら
家の前をウロウロしていると、ガラッと窓が開き、駐車の許可を得ました^^

熊野15 155

ここから参道になります。
右に杖が置いてあるのがわかりますか?
それだけキツイ道と言うことです^^;

熊野15 156

予想外に長い参道。しかも苔むした石段。
ここも世界遺産の熊野古道に入れてもらえば?って思うほど歴史を感じる参道。

熊野15 157

うそ~~~まだ続くのか~~~覚悟ができて無かっただけにツライ;;

熊野15 167

完全な山道になりましたが、沢の音が聞こえて来たので、もうすぐかと思われます。
しかし、帰りはこれを上るのかと思うと疲れ倍増。

熊野15 166

庚申さんです。
私は見逃したんですが、「左:あかくら 右:薬師堂」と書かれた道標があるそうです。

「あかくら」とは赤倉と言う地区のことで、近くには大丹倉と呼ばれる高さ300メートルの
大絶壁の巨石があり、そこはかつての修験道の聖地だったそうです。
やっぱり修験者や熊野詣の人々が行き交う街道だったんですね。

熊野15 165

大きな岩がゴロゴロしてきました。もうすぐですね。
ここまで6分でした。帰りは8分かかりました。
すごい歩いた気がしたんですが、そんなもんですね。

熊野15 164

じゃーん。ここが「まないたさま」
白く丸い白石が敷き詰めらています。
これは人々の信仰の証なんだと思います。

熊野15 161

この説明は読めますよね~

ここは産田神社に関する祭祀場らしいです。
この産田川を下っていくと産田神社があって、そこから山沿いに海の方へ行くと花の窟神社に着きます。
この二つの神社は伊弉冉尊(イザナミノミコト)を祀る神社で、国生みの神話に関係する神社です。

 産田神社の記事 >>    花の窟神社の記事 >>

この後、花の窟神社へ参拝してご朱印をもらうつもりです。

熊野15 159

中には小さな木のまな板が置いてありました。

国生みの神話では亡くなったイザナミを追ってイザナギは黄泉の国へ行って戻ってきます。
熊野に黄泉の国の入り口があるなら、ここかも知れないですね~
だって、産田神社でイザナミはカグヅチを産んで亡くなったんだもんね。
「よみがえりの熊野」ってぴったりのネーミングなんだって思います。

熊野15 162

近くにある小さな滝。
説明に中に「垢離掻場」と書かれてますが、字から判断すると
垢を掻き落とす場所と言うことで、身を清めるってことでしょうね。

そう言えばイザナギは黄泉の国の入口を大きな岩で塞いで、
穢れた体を川で洗って清めたんですよね。
この場所、益々ぴったり~なんて一人で妄想して満足しました^^

熊野15 163

周りは大きな岩だらけです。
大きな岩や木を見ると神様がいるって思う気持ち分かります。
もっと大きな物を人工的に造れるようになった現代でも、自然界には神を感じますよね。

熊野15 168

さて帰り道、当然ながら上りは下りより大変です。
相方は逃げるイザナギよろしく、私を置いてどんどん行っちゃいます^^;
ちょっと待って~~~

まないたさまは、ただ大きな石がある古い祭祀場なんですが、神話や他の神社との関わりや
地域との関係性など、背景を考えると興味をかき立てられる神社です。
きっと、パワースポットなんだろうなと思います。

 まないた神社 三重県熊野市有馬町池川

まないた様への行き方。
私は有馬町から産田川沿いを遡りましたが、山の反対側の井戸町から池川集落を目指してください。
その方が近いです。
集落のだいぶ奥の方ですが、左側(井戸町側から見て)に小屋があってその脇に
細い未舗装の道があります。
よく見ると「まないたさま→」と書いた看板がありますが、劣化してほとんど見えません。
写真を撮ってくれば良かったな~

本日、最後に花の窟神社へ行ってご朱印を頂きます。

<< 熊野7 水大師         熊野9 花の窟神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 熊野 まないたさま 産田神社 花の窟神社 イザナミ イザナギ 国生み神話 祭祀場

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示