fc2ブログ

熊野三山の奥宮 玉置神社 後篇

よみがえりの熊野を巡る2 玉置神社 後篇 2015-10-10参拝  2015-11-6

本日のコース
玉置神社→滝神社→山寺権現伏拝→上山神社→大馬神社→水大師→
まないた神社→花の窟神社

3時間かけて辿り着いた玉置神社は緑に埋もれる神様の土地でした。
人の営みを全く感じさせない別世界です。

そんな中でも唯一、人の温もりを感じられる所が社務所です。
人間の居場所があったーって感じです。

熊野15 043

社務所とその前にあるのが梵鐘。
どちらも重要文化財。

熊野15 044

梵鐘は「応保三年癸未三月三日甲午」(1163年)の銘があり、
佐々木高綱の奉納と伝えられています。

社務所は棟札から文化元年(1804年)の建立。
元は別当寺であった高牟婁院の主殿及び庫裏でした。
社務所の板戸には幕末に狩野派の絵師が描いた絵が60枚残っています。
重要文化財でぜひ、拝観させてもらおうと思ってました。

熊野15 045

お神酒はもらえるけど閉まってる?と不安になりましたが、ちゃんと宮司さんがいました。
朱印帳と朱印を頂いて、拝観をお願いしました。拝観料500円。

宮司さんがちゃんと説明してくださいますよ!
写真撮影不可で紹介できないですが、とても美しい板絵です。
一見の価値ありです。HPに少し掲載されてます~

玉置神社としても綺麗に保存したいそうですが、これ以上傷まないようにする為には
ウン千万、修復保存はウン億円だそうです。
そんな財力のある社寺仏閣はなかなか無いですよねぇ。
TVで見ましたが、日本は文化遺産の保護の予算がヨーロッパなどの国に
比べて、極端に少ないそうです。
観光立国を目指すなら、国の力で修復保存も必要なんじゃないかな?

熊野15 046

現在の建物がある所は広くないんですが、昔はもちろん、大きかったんです。
宮司さんのお話では、この玉置神社に奉仕する人たちの村があったそうです。
大峯奥駈道を通って巡礼する人々の宿坊でもあったので、
たくさんの人が玉置神社に従事していたんでしょうね。

熊野15 047

社務所の向こうに赤い鳥居が見えて来ました。

熊野15 048

色彩の少ない神社の中でこの朱はとても目を惹きます。

熊野15 049

お稲荷さんでした。

熊野15 051

極秘の霊験があるって書いてあります。
狂気、ノイローゼに効くとは、疲れた現代人には良いかもしれませんね。
ここに来るだけでも世俗を離れてリフレッシュできそうですけど。

熊野15 050

お狐さん。

薄汚れた現代人の心をこの地の霊気で洗い流しましょう。

熊野15 058

お稲荷さんのすぐ横にある出雲大社玉置教会。
明治に十津川郷中すべて廃寺され、全村民が大社教に属したことから、
その総元締めとして設立されたと言うことです。

十津川村の人たちも出雲へ参拝に行きたかったってことですかね。

熊野15 053

今でも出雲講なんかで、みんなして出雲参拝旅行とかあるのかな?

熊野15 054

ここから少し下の方に大きな建物が見えます。
休憩所のような机や椅子と湯のみセットがみえます。

熊野15 057

参堂のような石段があるので、昔は山門だったのかな?と思ったんですが、
HPには絵馬堂と書いてありました。
昔は2、3階もあったそうです。

熊野15 056

絵馬堂から石段を通って歩いてみると茶屋・宿坊の建物があります。
今でも使われているのかな?
夏の巡礼者が多い時期は使われるのかもしれませんね。

熊野15 055

宿坊の裏の浦杉。
この宿坊の先は山道みたいな獣道みたいな感じで、
道案内の看板はありませんでした。

熊野15 059

出雲大社のところへ戻って玉置神社の始まりと言われる玉石社を目指します。
左に見えるお社は水神社。
鳥居の右の道は「宝冠の森(ほうかんのもり)」へ続く道です。

熊野15 060

ここからはなかなか急な登りです。
こんなにキツイとは。。。

さて、さっきの宝冠の森ですが、宝冠の森って素敵な名前ですよね。
私はこの名前に惹かれて、いろいろ調べまして、
そこには昔の祭祀場の遺跡があることがわかりました。

宝冠の森一帯は、人に犯されたことのない結界内の森林によって構成されたピークで、
権現垂迹の聖地としての「杜」の様相を示しているそうです。
現在も巡礼の道から外れているにも関らず、たくさんの人が訪れるそうです。

きっとみんな、引き寄せられていくんですよね~

熊野15 061

私も宝冠の森へ行こうと思ったんですが、人を寄せ付けない山奥なんですよ~
玉置山の頂上からまだ1.5km。40分かかるそうで、諦めました;;

玉石社もかなりのもんですが、やっと見えてきました。

熊野15 063

数本の巨木の間に白石が敷き詰められています。
分かり難いですが、その間にポコンと顔を出している丸い石が玉石です。
巨石を想像してしまいますが、あまり大きくなさそうです。

でもこの石が神様の宿る磐座で、神武東征よりはるか昔から伝わる熊野磐座信仰なんです。

熊野15 062

パワースポット、磐座、巨木、宝冠の森と神秘的なこの玉置神社ですが、
それをもっと面白くしているのが役行者の埋蔵金ですよ!
役行者のお宝ってなんでしょうね?
現代では大したこと無い物かもしれませんが、考えるとワクワクしませんか^m^

熊野15 065

こちらは玉石社のすぐ横にありましたが、
ちょっと読めなくて判らなくなってしまいました。
神様の名前が三柱書いてありますね。
囲いの中には磐が3つ。きっとこちらも磐座信仰ですね。

熊野15 067

ここから神社へ引き返しました。
頂上まではまだキツイ登りのようです。

熊野15 069

社殿から帰りの道は、行きに分かれていたラクな道を通ります。
でもね、やっぱり階段がありました。そんな甘くは無いよね~

社務所が下のほうに見えます。
相変わらず巨木がニョキニョキしてます。

熊野15 072

折れて裂かれて酷い事になっているんですが、まだちゃんと生きています。
さすが、「よみがえりの熊野」ですね。

熊野には黄泉の国への入り口があるとされ、
熊野灘の果ては「観音浄土」に通じていると信じられて来ました。
熊野に参るということは、一度、黄泉の国にふれ、
また生まれ変わって現世へ戻っていくという、よみがえりの意味があるのです。

ちなみに20年に一度、遷宮で若返る伊勢神宮は「常若(とこわか)」と言います。
「常若」も「蘇り」も「永遠」に憧れる人々の希望ですね。

熊野15 071

この木の下は重要文化財の社務所や本殿があります。
絶対、下に崩落させる訳にはいかないんでしょうね。
すんごいロープがたくさん張られていました^^;

熊野15 073

参道がフラットになって歩きやすくなりました。
道の脇には白山社です。

熊野15 074

ご神体はこの大きな岩です。

写真には他の参拝者は写っていませんが、
この険しい山の中に驚くほど、たくさんの方が参拝に来ていました。

若いカップルも小さな子を連れた家族連れも中年の夫婦も。
なぜかおじさんグループが多かったです。

みんな、神様に許可をもらえた人たちですね。

熊野15 075

駐車場へ戻ると8割方、埋まっている状態。
失礼ながら、こんなに参拝者が多いとは思っていませんでした。

しかし、営業しているかと期待していた売店は閉まったままでした。
ちょっと残念~~

 玉置神社 HP >>

玉置神社朱印帳

ご朱印帳を買いました^^

玉置神社の神紋は逆ミッキー!じゃなくて州浜紋。

洲浜の形は献上品などを載せる台だそうですが、
蓬莱山の仙境を意味したり、竜宮城を指したり吉兆を表すものだそうです。

玉置神社朱印

ご朱印。

今回は行きたかった玉置神社に行けて嬉しかったんですが、
ひとつ、心残りと言えば宝冠の森へ行けなかった事。

神様に「宝冠の森はまた次回」と言われたのでしょうか?
次に神様に呼んでもらえた時は、お邪魔したいと思います。

<< 熊野1 玉置神社 前篇           熊野3 滝神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 熊野 玉置神社 宝冠の森 磐座 朱印

comment

Secret

ふふふふ

こんばんは。ご無沙汰してます。とうとう踏み入れてしまったのですねー、玉置神社~。ここを調べると頭痛がしますが、日本の宗教史がぎゅぎゅっと詰まった面白いお社ですねー。
十津川は壬申の乱の頃より勤皇で、記事にあるように明治の神仏分離に素直に従い村下全ての寺を廃し「神道」となった経緯から、明治に宗教団体として設立された出雲大社教が入ってきたので、これは山岳寺院の趣が強かった玉置神社への政治介入に近いと思います。
熊野大社の奥の院と称されるようになったのも江戸期なので、本来の玉置神社はご覧になった素晴らしい自然の中の信仰の方にあるのではないかと。
お姉様が驚かれたように、私も大勢の参拝客がいらしているのにちょっとびっくりしました。皆がパワーパワーと連呼してるので、新しい宗教になったのかと。
また行きたいです。根性出して行かないと、十津川温泉でまったりしてしまいそう。
遠かったでしょうに、お姉様も根性のお方ですねー。好きー。

Re: ふふふふ

行ってきましたよ~玉置神社。遠かった~~~
でも、また行きたくなる神社ですね。

私はWikiで詳しい歴史を読んでもあやふやな理解しかできなかったですが、
つねまる解説員のお話でだいぶ解りました。ありがとうございます^^b

確かに「パワースポット」と言う軽い言い方はどうなのかと思いますね。
何かもっと奥深い物があると思うんですけど。
使いますけどね、この言葉^^;

次回はさらに根性と体力を磨いて宝冠の森へ行きたいと思ってます。
なぜか、宝冠の森に惹かれる私なのでありました。。。

玉置神社

車の免許をとった頃ですから
40年ほども昔に
初心者マーク(その頃は制度がないけど)で
行きましたのを思いだしていました。

この世の果てほど奥深いところでした。
道も凄かった。
山登りのためのみちが車の幅になっただけでしたから。

このあたりは好きで、野宿をしに何度もでかけました。

Re: 玉置神社

おお~~世界遺産になる遥か昔から玉置神社をご存じだったんですね。
さすがですねぇ。私はつい最近、知りました^^;

あの人を寄せ付けない山に抱かれた感じはいいですよね。
でも、野宿とはまた凄いですね。
いろんなモノが出そうです^^

ついでに報告。
先日、前に教えてもらった林道吉野大峯線を走って来ました。
その内、ブログに書きます^^v
FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示