fc2ブログ

オーストリア・チェコの旅 13

オーストリア・チェコ旅行 5日目 ウィーン3
    国立図書館とシュテファン寺院
   2015-8-24  2015-10-5φ(.. )


1日目 中部国際空港→ヘルシンキ経由→チェコ・プラハ 記事 >>   
2日目 チェコ・プラハ観光
     プラハ1 聖ヴィード大聖堂 >>
     プラハ2 プラハ城とカレル橋 >>
     プラハ3 旧市庁舎の天文時計 >>
     プラハ4 財布盗難事件の巻 >>
3日目 チェコ・プラハ→チェスキークロムロフ→オーストリア・ザルツブルグ
     チェスキークロムロフ >>
     ザルツブルグ1 城塞コンサート >>
     ザルツブルグ2 Tさん、閉じ込められるの巻 >>
4日目 オーストリア・ザルツブルグ→ハルシュタット→ウィーン
     ザルツブルグ3 市内観光 >>
     ハルシュタット >>
5日目 オーストリア・ウィーン観光
     ウィーン1 シェーンブルン宮殿と市内観光 >>
     ウィーン2 美術史美術館とオペラ座 >>
     ウィーン3 国立図書館とシュテファン寺院 >>
6・7日目 オーストリア・ウィーン→ヘルシンキ経由→中部国際空港
     帰国とお土産 >>

旅のあらすじはこちら (8月31日に書いた日記)
 旅のあらすじの日記 >>

午後からのフリータイムも残り1時間くらいです。
17時にはシュテファン寺院の前に集合です。
あまり遠くにも行けないし、時間のかかる見学もできません;;

ホーフブルグ王宮をあちこち見学したかったんですが、
コースがいろいろあって、私たちではチケットを買うだけでも時間がかかりそうです。

そこで王宮の中にある国立図書館(プルンクザール)だけを見学することにしました。
図書館はコースに入ってなくて、単独で見学できます。
ネットで写真を見て、ぜひ行ってみたいと思ってました。

19世紀末から20世紀初頭を舞台にした映画に出てきそうな図書館のイメージです。
こんな図書館で本を読んでみたい。読める本は無いんだけど…
いや、もしかしたら日本語の本もあるかも知れないよね、国立だもん。

ランチの時にガイドさんに場所を教えてもらったので、迷わず行けました。
でも、ガイドさんに「大した事ないよ」って言われたんですけどーー;

中欧 332

王宮の宮殿がずっと続いています。
この中に国立図書館(プルンクザール)があります。

市内観光でガイドさんに案内してもらったのは新王宮側です。
ちらは反対側になります。

ここはヨーゼフ広場で、写真にちらっと写っているのがヨーゼフ2世像です。
図書館の入口はこの広場に面しています。

中欧 333

ホーフブルグ宮は13世紀から600年以上もの間、ハプスブルク家の歴代皇帝の居城でした。
長い間に造築、改築を繰り返してきたのでデコボコして妙な形になってます。
相変わらず、やたらデカイし、中はさぞや迷路なことでしょう。。。

中欧 334

とりあえず王宮に入ってみたら、すぐにチケットブースがあり、
スムーズにチケットも買えました。
見学料は7.5ユーロです。上の階に上がります。

入口でおじさんに「触るのとフラッシュは禁止」と注意を聞いて中に入ります。
フラッシュを使わなかったら撮影OKなんです。

中欧 335

ジャーン!図書館とは思えない内装の豪華さ。
金や大理石などふんだんに使われていて、煌びやかなんですが、
壁一面の書籍が全体の雰囲気を落ち着かせています。

中欧 340

見学の人も少なくていい感じ。
とても静かで、図書館らしい雰囲気。

でも、図書館にしては彫刻が多すぎ^^;

中欧 337

私が思っていたような、本を読める図書館ではなくて博物館になった図書館でした。
だって触れないんだもんね、本は読めないよね。

触れるような代物じゃないんだろうね、きっと国宝級の書物なんだろうな~

中欧 338

本は見れなかったけど、やっぱり私のイメージの古いヨーロッパの図書館!
ガイドさんは大した事ないって言ったけど、来て良かった^^

出来ることなら上の階に上がって、さらに梯子に登りたかった~

中欧 339

この図書館は18世紀前半に王宮の書庫として建てられました。
帝国が解体後に国立図書館になりました。

プルンクザールとは「豪華なホール」と言う意味だそうです。
書庫なのに豪華なホールにしようと思ったのはなぜ?

この書庫を建てたのはマリア・テレジアの父のカール6世です。
皇帝の考えることは庶民には理解できんのだろうなーー;

中欧 336

世界で最も古く美しい図書館と言われるだけの事はあります。
本は読めなかったけど、魔法学校のホグワーツに入学した気分になれましたよ^^
魔法の杖であの高い所にある本をスイって取る姿を想像しました。

中欧 342

図書館の出入口の壁に埋め込まれた石板。

中欧 341

なんて書いてあるんだろう?読めないのが残念です。

さあ、ここも後ろ髪引かれる思いを振り切ってシュテファン寺院へ。

中欧 344

ウィーンの街並み。
この建物は古いのか新しいのか分からないけど、みんな宮殿風。

中欧 343

みんなが写真を撮っていたお店。オーダーメイドの靴屋さんでした。

中欧 345

ペスト記念碑。

お土産店を覗きながら散策。
さすがに人が多いです。地元民か観光客かよくわからないけど。

中欧 346

シュテファン寺院が見えてきました。
わりと近代的なビルもありますね。

この辺りはこういうビルは建てちゃダメなのかと思ってたけど。

中欧 347

モザイクの屋根と尖った塔が印象的なシュテファン寺院。
この塔は教会の塔としては世界で3番目の高さだそうです。

中欧 348

この旅行ではきっとたくさんの教会を見学するだろうと思っていたんですが、
ちゃんと見学したのはプラハ城の中の大聖堂だけ。

見学する予定はあったんですが、トラブルやら時間が足りずで見学できてないんです。

中欧 349

ここもちゃんと見学する時間はもう無いです;;
入るだけなら無料開放と言うことで、入ってきました。
行けるのは柵の所まで。

おお~~~さすがウィーンの大聖堂!圧巻ですな~~

中欧 350

いくらか見学料を払うとこうやって中まで入れます。
すごーく少ないですね。キリスト教徒でも意外に入らないんだ~
キリスト教徒だからこそかな?見飽きてるとか?

時間があったら入ってみたかったです。

中欧 352

シュテファン寺院は12世紀から建設が始まり、ハプスブルク家の歴代君主の墓所です。
そしてモーツアルトの結婚式と葬儀が行われたのもここです。

第二次世界大戦では甚大な被害を受けたそうですが、
寄付などにより再建修復が行われました。

中欧 353

カタコンベ(地下墓地)にはペストで死んだ人々約2,000体の遺骨と、
ウイーンの司教、ハプスブルク家の心臓以外の内臓が保管されているんですって@@

カタコンベの見学ガイドツアーもあるそうですよ。
ちょっと参加したい気もしますが、日本語ツアーはなさそうだな~

中欧 354

教会内には小さなショップがあって、そこで十字架のネックレスを買いました。
神社やお寺の御守り的なご利益があるかと思って…

シュテファン寺院の前ではモーツアルト時代の服を着た人が、
夜のコンサートチケットを売り歩いてるんですが、その数が多いことったら。
日本語で「モーツアルト」「コンサート」と、断っても断っても声をかけて来ます。
これにはちょっと閉口しました。

中欧 355

シュテファン寺院前の賑わい。
お土産物屋さんも少しありました。

ツアーの人みんなが集まると歩いて夕食を食べるレストランへ向かいます。

中欧 356

レストランは落ち着いた綺麗なお店。
すぐに誰がメニューを訪ねます。
なんと、また「鱒のムニエル」ですよヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ

鱒、3回目ですよ、どうなってんのか全く。
メニュー変更は出来ないと言うことなので、食べましたけどね。
ここが鱒料理の中で一番おいしかったですけどね。
鱒は鱒です。味はそう変わらない。調味料は塩コショウとレモンだし。

教訓、食事が全部ついたツアーは止めよう…

中欧 361

食事の後、コンビニへ寄ったりしながらお迎えのバスの所まで歩きます。

中欧 360

数少ないウィーンの城壁の残りです。

ウィーンの人口が増えて街が手狭になった時に、ウィーンの街を取り囲む城壁を
壊したそうで、もうほとんど城壁は残っていないそうなんです。

中欧 362

ウィーンも少し中心から離れると近代的なビルが立ち並びます。
古い地区の再開発もされているそうです。

その時のガイドさんの言葉が印象に残ってます。
「街がキレイになるのは良いけれど、開発されると
どんどんウィーンらしさが無くなって行くのが残念です。
都会は東京でもニューヨークでもロンドンでも上海でも同じですよね。」

便利と伝統は背中合わせですものね~
私たち観光客はビル群は見たくないものね。
でも自分の生活は便利がいいもんね。ワガママなもんです。

中欧 257

ホテル前の怪しい?建物^m^

ヨーロッパ最後の夜だけど、さすがに疲れてホテルで休みます。
まあ、暇だったので向かいの建物を観察。

アラブ人っぽい中年男性ばかりが入って行く。
一体、なんだろう?入っていくばかりで出てこないし。
そんな事を観察しながらウィーンの夜は更けてゆく。。。何やってんだかーー;

明日は日本に帰ります。
忘れ物が無いように荷物の整理をして寝ます~~  次でやっと終わり~~

<< オーストリア・チェコ旅行5日目 ウィーン2     6・7日目 帰国とお土産 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 海外旅行
genre : 旅行

tag : オーストリア ウィーン 国立図書館 ホーフブルグ 王宮 シュテファン寺院 プルンクザール

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示