fc2ブログ

オーストリア・チェコの旅 11

オーストリア・チェコ旅行 5日目 ウィーン1
 シェーンブルン宮殿と市内観光
  2015-8-24  2015-10-1 φ(.. )


1日目 中部国際空港→ヘルシンキ経由→チェコ・プラハ 記事 >>   
2日目 チェコ・プラハ観光
     プラハ1 聖ヴィード大聖堂 >>
     プラハ2 プラハ城とカレル橋 >>
     プラハ3 旧市庁舎の天文時計 >>
     プラハ4 財布盗難事件の巻 >>
3日目 チェコ・プラハ→チェスキークロムロフ→オーストリア・ザルツブルグ
     チェスキークロムロフ >>
     ザルツブルグ1 城塞コンサート >>
     ザルツブルグ2 Tさん、閉じ込められるの巻 >>
4日目 オーストリア・ザルツブルグ→ハルシュタット→ウィーン
     ザルツブルグ3 市内観光 >>
     ハルシュタット >>
5日目 オーストリア・ウィーン観光
     ウィーン1 シェーンブルン宮殿と市内観光 >>
     ウィーン2 美術史美術館とオペラ座 >>
     ウィーン3 国立図書館とシュテファン寺院 >>
6・7日目 オーストリア・ウィーン→ヘルシンキ経由→中部国際空港
     帰国とお土産 >>

旅のあらすじはこちら (8月31日に書いた日記)
 旅のあらすじの日記 >>

今日はウィーンの観光。
午前中はガイドさんとツアー観光、午後からはフリータイムです。

もらったツアー予定表にはあちこちのウィーンの名所が書かれており、
午前中だけでこんなに回れる筈はないとは思っていましたが、
実際、ちゃんと見学できたのはシェーンブルン宮殿だけでした。
やっぱりね~  (*・ε・*)

まずはウィーンの一番人気のシェーンブルン宮殿へ。
ネットで調べると、朝一番に行かないとチケットを買うだけでも
数時間待ちになってしまうと書かれていました。

私たちも8時過ぎに着きましたが、結構な観光客が詰め掛けてました。
それでも多分、スムーズに見学できた方だと思います。

中欧 262

シェーンブルン宮殿の入口。
門を入って中から入口方面を写真に撮りました。

中欧 259

門から見た宮殿。
とにかく門から宮殿までがやたらと遠いです。

シェーンブルン宮殿はハプスブルグ家の離宮です。
なんでもベルサイユ宮殿より大きい宮殿を造る予定だったそうですが、
結局、当初の予定の何分の1になってしまったとか。
ベルサイユを越えることはできませんでした。

中欧 260

それでも部屋数は1441室、建物の長さが180m、庭園は東西約1.2km、南北約1km。
十分な広さと言うか、広すぎて困るんじゃないかと庶民は思います。

神聖ローマ皇帝マティアス(在位:1612年 - 1619年)が狩猟時に
美しい(シェーン)泉(ブルン)を発見しシェーンブルンと命名したと伝えられてます。

オスマン帝国に破壊されたりしますが、1693年 レオポルト1世が狩猟用の別荘を建て、
歴代の皇帝らが増築・造作を行い、ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの時代に完成されます。

中欧 261

宮殿の見学はショートコース、ロングコース、ロングロングコースがありまして、
私たちはロングロングコースでガイドさんにたっぷり説明してもらえました。

でもね、当然ながら撮影は禁止で、私の記憶のメモリーはすでに一杯。
あんまり覚えていないんですよね>< とても豪華だったことは覚えてます^^;

ときどき、地元学生や中国人に溺れそうになりながら、なんとか見学しました。

中欧 263

一旦、宮殿から出て、裏側へ回ると庭園を散策できます。

宮殿の出口付近にはお店もあって、見たかったんですが、
とにかく人が多くて通り抜けるだけで精一杯。

まだ咲いてないけどバラのアーチをくぐって庭園へ。

中欧 264

庭園側の宮殿。

中欧 270

宮殿から見た庭園。
時間が無いので、この辺から写真に撮るだけ。

ずっと向うの丘の上に建っているのはグロリエッテ。
右の奥の方に1882年建設のガラス張りの大温室があるそうです。
ここからは見えません。
そのさらに奥には動物園があるそうです。
1752年、マリア・テレジアが夫に送ったプレゼントですと。

どこかには日本庭園もあるんですって~

ここでも結婚式できるんだぁ。
そういえば、宮殿の部屋を賃貸として貸してるそうですよ。
宮殿に住めるんだぁ@@; 住むには不便とネットに書いてあったけど。
最近はホテルにもなってるそうです。

中欧 266

あのグロリエッテまで徒歩で20分かかるそうです。
しかも、丘を登るので思いのほか大変らしいです。

シェーンブルンの庭園は無料で入れるので、
時間さえあれば、のんびりと散策したいですね。

中欧 269

グロリエッテは1775年 マリア・テレジアによって建てられた凱旋門。
ここからは見えないけど、大きな泉?池?が門の前にあります。
高台なので眺めはとても良いらしいです。
そしてこの中にはカフェがあります。
ここでコーヒー飲んでチョコケーキ食べてみたかったな~

中欧 271

ちらっと見えた塔。
これも写っている人を見るとすごーく遠い感じ…

ここでタイムアップ。時間になったので戻ります;;
さて、次はベルベデーレ宮殿。

中欧 273

ベルベデーレ宮殿はハプスブルグ家の帝国軍の総司令官であったサヴォイ家の
オイゲン公が離宮として建てた宮殿です。

中欧 275

上下宮に分かれていて、こちらが上宮。

どちらの宮殿も美術館になっていて、上宮にはクリムト・コレクションがあります。
あの有名な「接吻」もここにあります。
ぜひ、見てみたかったんですが、ツアーでは宮殿と庭園を外から見るだけ;;

中欧 277

庭園の向うにあるのが下宮。
こちらでは特別展が開催されるそうです。

中欧 278

この建物の二階のテラスにトム・クルーズが少し前に例のスパイ映画のプレミアで
来て、手を振っていたそうです。

中欧 280

庭園にあるスフィンクスの像。
みんな、おっぱいを触るので黒ずんでしまったんですって^^;
ベルベデーレ宮殿の見学はこれでおしまい。。。

ベルベデーレ宮殿から旧市街の中心へ移動して有名どころを見学。
外から見るだけなんだけどねーー;

中欧 284

こちらはホーフブルグ王宮。

中欧 285

王宮前ではイベントがよく開催されるそうです。
覗いてみたいけど、もちろん、そんな時間はない。

中欧 286

観光馬車。
とても王宮になじむ光景なんだけど、フンがね~

中欧 289

王宮の中も見学できる所がいくつかあります。
見学したかったな;;

中欧 296

ここはザッハートルテ(ウィーンの名物チョコケーキ)の発祥のホテル・ザッハー。

中欧 291

こちらは市庁舎。教会みたいですね。
隣には国会議事堂がありましたが、こちらはギリシャの神殿風でした。

中欧 295

ここはオペラ座。

中欧 299

そして王宮の端っこの熱帯蝶類博物館。

王宮の周りをだーっと歩いて説明されたんですが、もう、何が何だか。
どの建物も同じに見えて来るし。
たくさんを外から見るんじゃなくてどれか一つ、
中に入って見学する方が良かったな~

ツアーだもん、仕方ないね~

この後は昼食を食べて、フリータイムです。  つづく~

<< オーストリア・チェコ旅行4日目 ハルシュタット       5日目 ウィーン2 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 海外旅行
genre : 旅行

tag : オーストリア ウィーン シェーンブルン ベルベデーレ

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示