オーストリア・チェコの旅 6

オーストリア・チェコ旅行 3日目 
    チェスキークロムロフ
   2015-8-22  2015-9-25 φ(.. )


1日目 中部国際空港→ヘルシンキ経由→チェコ・プラハ 記事 >>   
2日目 チェコ・プラハ観光
     プラハ1 聖ヴィード大聖堂 >>
     プラハ2 プラハ城とカレル橋 >>
     プラハ3 旧市庁舎の天文時計 >>
     プラハ4 財布盗難事件の巻 >>
3日目 チェコ・プラハ→チェスキークロムロフ→オーストリア・ザルツブルグ
     チェスキークロムロフ >>
     ザルツブルグ1 城塞コンサート >>
     ザルツブルグ2 Tさん、閉じ込められるの巻 >>
4日目 オーストリア・ザルツブルグ→ハルシュタット→ウィーン
     ザルツブルグ3 市内観光 >>
     ハルシュタット >>
5日目 オーストリア・ウィーン観光
     ウィーン1 シェーンブルン宮殿と市内観光 >>
     ウィーン2 美術史美術館とオペラ座 >>
     ウィーン3 国立図書館とシュテファン寺院 >>
6・7日目 オーストリア・ウィーン→ヘルシンキ経由→中部国際空港
     帰国とお土産 >>

旅のあらすじはこちら (8月31日に書いた日記)
 旅のあらすじの日記 >>

今日はプラハを出発して、やはり世界遺産のチェスキークロムロフという
小さな城下町を散策してオーストリアのザルツブルグへ行きます。

チェスキークロムロフは南ボヘミアの小さな城郭都市です。
オーストリア・ドイツとの国境近くです。
国境近くの街はどこでも国取り合戦に巻き込まれる運命ですよね。
なのでこの街も歴史に翻弄されました。

中欧 116

バスの車窓から…

中欧 120

プラハからチェスキークロムロフまでは181km、3時間の道のりです。
ちょっと遠い…

中欧 122

のほほ~んとした景色です^^ヨーロッパの田舎ですね。
ずっとこんな感じなんですが、所々小さな町はありました。

中欧 123

ヨーロッパってさあ、なんで草が伸びないんだろう?
日本ってどこでもちょっと放っておくと草ボーボーになるのにね。
やっぱ寒いんだろうか?草の種類の違い?

中欧 125

一時間半置きにトイレに立ち寄ってくれます。
チェコは有料トイレが当たり前ですが、ガソリンスタンドには無料の所があります。
代わりに隣接したお店で何か買って下さいって言われます。
また、ここで残ったチェココルナを使って下さいとも言われました。
私はもう無いけどね、コルナ。。。

コンビニ的なお店が付いてまして、買い損ねたお土産を買ったりして
みなさん、結構たくさんの買い物をしてました。
私もチェコの代表的なお菓子ってヤツを少し買いました。

中欧 126

チェスキークロムロフ到着です。
街の外れの駐車場は観光バスでいっぱいです。

ここは街の真ん中を川が流れる城下町です。

中欧 128

まずは高台にあるお城へ向かいます。
赤い屋根の綺麗な街です。
さすが世界遺産。 でもプラハの小さい盤と言えなくもないかも。

中欧 129

お城から街を見下ろした景色はとても奇麗です。

中欧 130

この街がプラハと違うのは川遊びに興じる人々。
カヌーや水遊びを楽しむ人がたくさんいました。

中欧 132

予想通り、観光客でいっぱいです。

中欧 131

これからこのお城を見学します。
残念ながら建物内の見学はなかったです。
通り抜けるだけ。。。

中欧 133

街は13世紀後半から出来てきて、お城は1302年にこの地方の有力貴族であった
ローゼンベルク家が建てたそうです。

小さな街に不釣り合いなほど立派な城を増築して、発展する街と共に
華やかなルネサンス都市になったそうですが、ローゼンベルク家は財政難に陥り、
1601年に神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の手に渡ることになりました。

中欧 136

だまし絵の壁画。
立体的な壁に見えますが、すべて平面に描かれた絵です。

中欧 139

1622年には神聖ローマ帝国よりこの街を与えられた有力貴族の
エッゲンベルク家によりバロック様式の建物が加わったそうです。

私は残念ながら建物の様式はさっぱりです。
どれがルネサンスでどれがバロックなんだか…

中欧 140

中庭の噴水~

1719年、エッゲンベルク家は断絶し、有力貴族のシュヴァルツェンベルク家が町と城を相続します。
どんどん殿さまが変わるわけですね~どこの国も良く似たもんです。

中欧 141

現在もお城は修復中です。
第二次世界大戦後、この街自体がとても荒廃したそうです。
1989年のビロード革命以降、景観の歴史的価値が再認識され修復されてきました。

中欧 142

昔はどんな人々が歩いていたんでしょうね?
中世のヨーロッパを描いた映画を思い出して想像してみましょう。
うーん、どこか間違っているような私の脳内クロムロフ城。

中欧 143

こちらもだまし絵の壁画です。
ブロックのだまし絵がお気に入りのようです^^;
当時の流行りかな?

中欧 144

たいぶ街まで下りてきました。
このアーチをくぐると木々の繁った庭で公園みたいになっていて、
大道芸人の姿もチラホラ、でもまだ城内です。

中欧 145

ピンクのかわいい塔を写真に撮ったんですが、
その前の柵の中をみんなが覗きこんでます。
ここには熊がいるそうなんですが、いつも見えない所にいるんですって。
この日も全くどこにいるのか分からず。

中欧 146

お城の最後の門です。

中欧 147

ここを抜けると街です。
最後の門は頑丈な鉄の扉ですね。
中世の数人がかりでないと開かない物凄い鉄の扉じゃないけどね。

中欧 148

街はやっぱり石畳。

ところでこういう風に建物と建物を繋いでいる渡り廊下的な所は
中はどうなっているんだろうか?
やっぱり渡り廊下で、どちらとも繋がってるのかな?

それぞれ違うんだろうけど、ちょっと中を覗いてみたい~

中欧 149

街中でも古い建物はだまし絵の壁画があります。
やっぱり流行だったのか?

中欧 150

やっぱりヨーロッパ的な建物ですね。

中欧 151

川下り、楽しそうですね^^
この川はヴルタヴァ川。プラハの中心を流れていた川です。
つまり上流ってことですね。

中欧 152

床屋橋だったっけなぁ?
橋の袂に床屋さんがあったからだそうです。

その昔、この床屋さんに美しい娘がいたんですが、
ある日、お城の王様の所に遊びに行って殺されてしまったそうです。
ガイドさんのお話より。

中欧 154

床屋さんはこれか?

中欧 155

お土産物屋さんやカフェの並ぶ細い石畳の路地を行くと・・・

中欧 156

街の広場に出ます。

中欧 157

街の中心はどこでも広場。
昔は市が立ったりしたのかもね。
でもね、この広場、斜めなんですよね~
なんでちゃんと水平にしなかったのか…
造った人の性格が雑だったのかーー;

中欧 158

今は駐車場?なんだか乱雑に駐車されてますけど。

中欧 159

結婚式です~いいですね~幸せそうで。

結婚式の参列者は車でブーブークラクションを鳴らしながら
パレードのように街を走り抜けて行きました。

プラハでもそんな結婚式の参列者たちを見ました。
そういう習慣なんですね、結婚式って分からなかったら
うるさい!って思ってしまうなぁ。

広場の乱雑な駐車の車はどうやら彼らのようです。

中欧 161

狭い道ですが、車がよく通ります。
どうやら迷い込んだ観光客のような感じですね。

中欧 164

お城の反対側の高台に到着。
さっきの結婚式の人たちも記念撮影です。

中欧 163

チェスキークロムロフは19世紀にはオーストリア=ハンガリー帝国の一部になりましたが、
第一次世界大戦後、チェコスロバキア領になりました。

中欧 169

その後、ナチス・ドイツに併合されますが、第二次政界大戦後チェコスロバキアに復帰。

中欧 170

当時は街の住人のほとんどがドイツ人だったそうですが、
政府によりドイツ人は財産没収の末、国外追放となり、ゴーストタウン状態。
そこで街は荒廃の一途を辿ったというわけです。

開発されなかったから、そのままの中世の街並みが残ったんですけどね。

中欧 167

昼食をとったかわいいレストラン。

メニューはソテーしたでっかい魚(鱒)。
なんのヒネリもなく、ただ塩コショウとレモンで食べます。
相変わらず、やたらと量は多いです。
私もですが、ツアーの人たちもちょっと食欲が落ちてきました。。。

中欧 166

昼どきの観光地なのに、他に客は無しーー;
そういえば、プラハでもそうでしたね。

ガイドさんによると、社会主義時代の習慣が残っていて、
「食事は家でするもの」だそうです。
今でこそ、レストランも増えて外国人も増えて来たけど、
まだまだチェコの人は裕福とは言えず、レストランで食事をするのは贅沢らしいです。

中欧 171

満腹の重いおなかを抱えてオーストリアのザルツブルグへバス移動です。
        つづく~

<< オーストリア・チェコ旅行2日目 プラハ4      3日目 ザルツブルグ1 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

tag : チェコ チェスキークロムロフ クロムロフ城 世界遺産 ローゼンベルク

comment

Secret

だまし絵

だまし絵が面白いですね
印象的です。

きっと
知らない言葉や珍しい音が周りには満ち満ちていたのでしょうね

それにしても長いバス旅
根性要りますね

Re: だまし絵

こんにちは~

ねー、だまし絵の壁って面白いですよね。
経費節約の為の苦肉の策だったのかも^^;

ほーんとに長時間のバスの旅はやめて欲しいです。
時間がもったいない気がずっとしてました。

ツアーの残念な所です。
個人で旅行できたらいいんだけど、
言葉がね~つくづく英語が話せるようになりたい…

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示