伊賀青山に眠る藤原千方遺跡

四鬼を従えた藤原千方の伝説の地  2015-6-27訪問  2015-7-4

藤原千方は平安時代の豪族です。
私は全く知らなかったんですが、「太平記」にこの人の話が登場するそうです。

金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼の四鬼を部下に従えた豪族・藤原千方将軍。
大きな勢力を持ち、朝廷軍と激しい戦いをした千方将軍ですが、残念ながら敗北します。

遺跡といっても何か建物や遺構がある訳ではなく、村人の伝承って感じです。
でも何かがあったんだろうなと思わせる場所でした。

伊賀は大和と伊勢の間にあり古くから人の往来も多く栄えた所です。
「青山」は伊賀と伊勢の境の険しい山です。
今でも猿は勿論、鹿だの猪だの、最近では熊が出たとニュースになりました。

そんな山の中に伝承の地があります。
場所の説明はとにかく山の中としか言いようがないです^^;
車でやっと一台が通れる林道で峠を越えて行きました。
(林道じゃない道もありますよ^^;林道は趣味ですから。)

青山の観光案内のHPを貼っておきます。
 青山観光案内 千方窟をたずねて >>

でもこの地図が大雑把でこれを見て行って迷いました。
もし、行こうと思う方がいたら、よーく調べて行ってください。

一本しか道(県道39)はないのに入口が分からず行ったり来たり。
見当をつけた道が間違っていたのと、看板を見落としてました。

伊賀と香月 010

県道39からの入口は高尾地区市民センターの横です。
そこからしばらく走るとこの入口に辿り着きます。

車の乗り入れ禁止と書かれていましたが、駐車場はありません。
入口の隣の空き地に停めさせてもらいました。

ここから800mと看板に書かれていました。

伊賀と香月 011

周りは杉の植林した山です。
軽の4WDなら十分走れますが、入っていいのは林業の人だけ^^;

伊賀と香月 013

これが意外にも上り坂。かと思うと下ってまた上り。
なかなか大変です。

伊賀と香月 014

着いたー ヽ(゚∀゚ )ノ

伊賀と香月 015

と思ったらまだ続きます…

伊賀と香月 016

今度こそ着いたーーー

伊賀と香月 017

こんな説明もあり、思ったより整備されてます。

うーん、読めないな~。
平安時代、朝廷に反乱を起こしていた豪族藤原千方は、四鬼(金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼)を使って朝廷軍を悩ませていましたが、藤原千方を討伐にきていた紀朝雄(きのともお)の和歌「草も木もわが大君の国なればいづくか鬼の棲なるべき」により四鬼は退散して、藤原千方は滅ぼされました。四鬼は、忍者の原型であると言われています。千方明神は宝暦10年(1760)の建立で、藤原千方と若宮明神を祀っています。

伊賀と香月 018

藤原千方と四人の鬼。
鬼と称される程、強い人たちだったんでしょうね。

どんな武器も弾き返してしまう堅い体を持つ金鬼(きんき)、
強風を繰り出して敵を吹き飛ばす風鬼(ふうき)、
如何なる場所でも洪水を起こして敵を溺れさせる水鬼(すいき)、
気配を消して敵に奇襲をかける隠形鬼(おんぎょうき)。

なんかこんな特殊能力を持った人が活躍するアニメや米映画があったよね。
人気の忍者マンガも思い出しました。

伊賀と香月 019

東門跡。
ここからが千方の要塞です。

伊賀と香月 020

急な斜面を下りて行きます。
落葉と雨でぬかるんだ足元は滑りやすいです。

間違ってもヒールなんぞで来ないように注意!
(私はスニーカーでしたが、何度か滑りましたーー;)

伊賀と香月 021

千方窟。

ここに住んでいたのかな?
建物があったのかな?
平らでもないし、広くもないけど要塞としては良かったのかも?

伊賀と香月 022

現在は千方明神という神社です。

伊賀と香月 024

紀朝雄の和歌「草も木もわが大君の国なればいづくか鬼の棲なるべき」が刻まれています。
千方将軍は自分を祀る神社に「朝廷に従え」というこの歌は彫って欲しくなかったのでは?

伊賀と香月 023

神社だからか、木におみくじみたいな物が結んであるけど、このおみくじはどこにあるのか?
おみくじかどうかも分からないけど。

伊賀と香月 025

この石は大きいんですよ、写真ではわかないけど。
ここでどんな戦いが行われたのでしょうか。

風が揺らす木の音しか聞こえてきませんが、無念の声が混じっていそうです。
石の隙間から亡霊が現れそうな妄想が広がります。

伊賀と香月 026

また急な上りです。
手摺があって助かりますが、所々壊れてますーー;

伊賀と香月 029

大門跡。

伊賀と香月 027

この山一帯が城郭だったみたいですね。
大通りがあったなんて、この状態からは想像がつきません。
結構、すごい城郭だったのかも。

伊賀と香月 030

なんとか跡。何の跡?読めない~

伊賀と香月 031

尾根になっている所を歩きます。
さっきの千方窟の岩の上の所です。

伊賀と香月 034

桜井戸跡。

伊賀と香月 032

伊賀と香月 033

誰か、地下を調べた人はいないのか?

伊賀と香月 036

また上って高台です。

伊賀と香月 038

遠く名張の方まで見渡せたそうです。

今は木が植えられて何も見えないけど、木の向うには田んぼがありました。
この要塞へ繋がる道があったんでしょうね。

伊賀と香月 040

伊賀と香月 039

ほ~名張の赤岩尾神社にも風穴があるわけですな。
機会があったら行ってみたいです。

伊賀と香月 041

これを上ってまた急な下りがあって、初めの入口に戻ります。

伝説がなければただの岩の山なんですが、説明を見ながら想像してみました。
あまり知識は無いですが、もののけ姫のタタラ場のような所をイメージしてみました。
ちょっと年代がちがうのかな?

そんな事を考えながら次へ行きます。

伊賀と香月 043

が、これがまた分かり難い!

普通の道なのか、農道なのか、個人の道なのか分からないんですよね。
なんとか萬松寺に辿り着きました。

伊賀と香月 044

この凄い階段が表参道。
この階段の入口の少し行った所にほそ~い道があって車で行けます。

伊賀と香月 045

立派な石垣のお寺ですが無人でした。

伊賀と香月 046

これが千方ゆかりの雨乞石。別名「卵石」
千方が雨乞いをしたのかと思いきや、千方が血首井戸に放りこんだ敵の首の化身だそうです。

伊賀と香月 050

本堂。

伊賀と香月 047

良い感じの石仏がありましたよ。

伊賀と香月 048

伊賀と香月 049

鎌倉時代からこの地に立つ仏さんです。

伊賀と香月 052

萬松寺から出て、少し走るとこの案内を見つけました。
千方古道へ行こうと思ったら、入口に門があって鍵がかかってました。

なのでもう少し遡ってもう一つの千方古道へ行ってみました。

伊賀と香月 053

看板発見。
さっきの入口もここも駐車場はありません。

伊賀と香月 054

またこんな道です。

伊賀と香月 057

川に出たら道がなくなりました (゚ロ゚;)
川沿いに道のようなものがあり、もうちょっと進んでみます。

伊賀と香月 055

うーん、なんかちょっと危ないかも。

人の手の入った跡はあるんだけど、道がないって言うのは危険ですよね。
こんな所で迷ったら、もう遭難ですよ~
いろんなモノが出るかもしれないし^^;

伊賀と香月 056

壊れた橋があったので、道は合っているようですが、
その先も道には見えない道なので、進むのは止めました。
近年の豪雨や台風でやられたんでしょうね。

残念ですが藤原千方遺跡巡りは中途半端で終わりです。
再整備されたら、また来たいと思います。

 藤原千方遺跡  三重県伊賀市高尾

<< コスモスの般若寺                   伊賀東照宮 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 史跡
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊賀 青山 藤原千方 太平記

comment

Secret

太平記

山奥の写真を見ていると、子どものころに戻っていくような安らぎを感じます。

母の実家の家の前でクマが出ましてニュースになったのですが、確かにクマはコワイけど、猿や鹿の延長でしょ。暮らしの味も感じます。

高尾には知っている人もいましたし、峠の背中合わせで義妹の実家もあります。

太平記の時代の戦ってどんな感じだったのか。
想像し始めると眠れませんね

Re: 太平記

こんにちは。

ねこさん、お知り合いがこの辺りにいるんですね^^

太平記って聞いた事はもちろんあるんですが、
内容については全く知らなかったんです。

南北朝あたりの歴史物語なんですね。
そんな頃にこんな山深い里で歴史に残るような戦いがあったって
なんか凄いですよね。
さすが、伊賀!忍者の祖先!って思うのは私だけ?

素敵な山里でいい所だな~と思う反面、保育園が廃園になっていて、
過疎、高齢化の波がすごいスピードで来ているんだろうなと思います。

歴史の残る山里がなくならないように祈るばかりです。

高雄←高野

在所の名前間違いを訂正

Re: 高雄←高野

はーい、了解です^^
ん?高雄?高尾とは違う?

ところで…
いつも承認するのを忘れててごめんなさい。
返事を先に書いてしまうんですよね~

コメント頂くと嬉しいもんで、舞い上がるんです^^;
FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示