fc2ブログ

近江八幡1 安土城跡・摠見寺

信長の夢の跡 安土城と摠見寺  2015-5-5参拝  2015-6-2

本日のコース
安土城跡・摠見寺→沙沙貴神社→長命寺→賀茂神社→鏡神社

言わずと知れた信長の安土城。
天下を取ろうとした男の野望の城があった所へ行ってみたい!
と、思い立ちました。

TVで何度か見て知っている気分になっていたんですが、全く知らないと言うことが判明^^;
安土城の中に摠見寺と言うお寺があったとは驚きでした。

そしてなかなか人気の観光地でもありました。
歴史の勉強も兼ねて家族で出かけました。

朝、9時に到着。
安土城の観光駐車場は¥500です。
でも、もう少し奥に登山者駐車場があり、そこは無料だとネットで見ました。
20台くらいしか停められないと書いてあったので、朝一番に行きました。

みなさん、よく知ってますねぇ。
すでに14~5台停まってたんですが、ほとんどが県外ナンバーです。

安土 001

安土城の入口。
トイレはこの先にはありませんので、必ずここで済ませましょう。
と、ネットで読みましたので、まずトイレへ^^;

安土 062

入口の説明板。

安土 060

読めそうで読めない;;

天正4年(1576)に築城開始。
天正7年に天主が完成し、信長が移り住む。
その三年後に本能寺の変で信長が死去。
天主、本丸が焼失。

安土 061

安土山の標高は199m。
天守閣跡まで石段が405段。Σ(=ω= ;)

安土 002

テントの所に受付と休憩所があります。
入山料:大人500円 小人100円。

いつも思うけど、高校生も収入は無いんだから子供扱いしてくれないかな?
特にこういう歴史文化財はねぇ。

安土 058

入ってから振り返って撮った写真です。

右の小さい小屋で入山料を払います。
ちょっとしたお土産も売ってます。

帰りにお土産を見たら、なんとそこで諦めていた摠見寺の御朱印を売ってました。

安土 059

この年表だけを見ても、外国人を城へ招いたり信長が新しい物に興味を示していたのがわかります。
もし、信長の天下が続いていたら、今とはずいぶん違う日本になっていたのかもしれませんね。

安土 003

木の杖を持って、いざ!出発です^^

安土 004

どれが石仏さんか、よく分からなかったんですが、どこかにいらした筈です。

信長は街角の石仏だろうが墓石だろうが築城にどんどん使ったそうです。
そういえば、近くの湖東三山の百済寺の石もいっぱい取られたと言っていたわ。
この人は、良くも悪くもホントに既成概念に捉われない人だったのね。

安土 005

登り始めてすぐの右側にあるのが伝前田利家邸跡。

安土 006

そんなに広くはないですけど、どんなお屋敷が建ってたんでしょう?

安土 056

前田利家邸の向かいにあるのが伝羽柴秀吉邸跡。

安土 010

安土 055

なかなか立派なお屋敷が建っていたようです。

安土 057

羽柴邸の門跡が発掘されました。


安土 009

まだまだ先は長いです…

安土 013

こちらは摠見寺仮本堂。(柵の外から撮影)
元は伝徳川家康邸跡です。

前田利家邸の上、羽柴秀吉邸の斜め向かいですな。
私でも知っている名だたる戦国武将がここに一緒にいたんですか?!
腹の探り合いとか、相手の裏をかくとか、ドロドロした世界だったような気がする^^;

安土 012

摠見寺は拝観しないと敷地にも入れません。
500円なんですが「お茶席につき中学生以下おことわり」の文字が…
次女はまだ中学生なんですよ~入れませんがな~

「この前、織田信長のことを歴史で勉強したのに入れないなんて!」と次女は憤慨しておりました^^;
確かに抹茶は嫌いかもしれないけどね。

遠いですが、ここから遥拝です。( ̄人 ̄)

安土 011

摠見寺は天正10年の崩落の時にも焼け残ったんですが、
安政元年(1854)に火災で本堂、庫裡などを焼失。
昭和7年に徳川家康邸跡に仮本堂が建てられました。

元の場所には三重塔と仁王門だけが残されています。

安土 014

また石仏さんが石段に使われてます。
摠見寺の僧侶はどう思っていたんだろう?

安土 015

伝武井夕庵邸跡。
この人に関する知識は無いですが、官僚、茶人だそうです。
信長の信頼の厚かった人らしいです。

安土 016

木の隙間から景色が見えます。
だいぶ高い所まで来ました。

安土 017

振り返ると結構、急な階段です。

安土 018

多分、伝織田信忠邸跡の付近。
もう少しで天主です。

安土 019

黒金門跡。

安土 020

どうやらここにも立派な門があったようです。
ここから先は選ばれた側近たちだけが信長を守りながら暮らしていたそうです。

そう聞くと秀吉はまだまだ側近ではなかったんですかね?

安土 021

仏足石。室町時代中期。

これは石段の石仏と同じように、ただの石垣の石として使われていたそうです。
昭和の初めの整備の時に崩れた石垣の中から発見されました。

安土 022

信長ももうちょっと仏さんを敬ったら、もうちょっと長生きできたかもね。
こんな立派な仏足石を石垣にしちゃうなんてね~

安土 023

「護国駄都墖」と書かれた石碑。
このコトバの読み方も意味もわかりません;;
石碑の裏には天保13年(1842年)建立と書かれています。

奥に見えるのは信長公本廟です。

安土 033

伝二の丸跡に本廟があります。

天正11年に羽柴秀吉がここに太刀、烏帽子、直垂などの遺品を埋葬して本廟としました。

安土 030

本丸の写真は撮り忘れました^^;

安土 024

そしてここが天主です。
あの独創性に富んだ変わった形の派手な天主が聳えていたんですね。

安土 025

この説明の前には、たくさんの観光客が集まって熱心に読んでいました。
みなさん、頭の中にあの天主を思い描いているのかな?

安土 031

天主閣の絵があったんだけど、光っちゃって良く見えない;;

安土 026

天主からの景色。
琵琶湖が見えます^^
昔はこの安土山の近くまで琵琶湖で、三方を湖に囲まれた山城だったそうです。

安土 027

こちらはこの後で行く長命寺の辺りかな?

信長もこんな景色を眺めていたんでしょうね。
「時代を駆け抜けて行った」って言葉がぴったりな人です。

安土 035

天主から下りてくると元の摠見寺へ行く別れ道があります。

ここからぐっと人が減ります。
摠見寺跡には重要文化財の三重塔や仁王門があるのに
みんな、行かないんだ@@

安土 039

遠景山摠見寺 本堂跡。

信長が他所から移築し、自らの菩提寺としたお寺です。
当時は22棟もの建造物があったそうです。

安土 038

もうちょっと大きく撮ればよかったな。
なんにも分かんない><

安土 040

天正の崩壊を免れたのに、江戸時代の終わりに火事でなくなっちゃったなんて残念です。
燃えて無かったら、なんか凄い信長のお宝もあったんじゃない?
安土城の謎もいろいろ解明できたかも知れないのにね。

安土 041

摠見寺跡からの景色。
天主もそうでしたが、もうちょっと眺望が良かったらな~って感じです。

安土 042

こちらが三重塔。

安土 044

享徳三年(1454)建立、天文二十四年(1555)修理の墨書きがあります。

あれ?城より古いじゃん?と思うよね。
そうなんです、この塔は甲賀の長寿寺から移築したものらしいです。

安土 045

中には仏さんがいるのかは分からず…

安土 046

ここから下って行くと仁王門があります。
お寺としてはこちらから来るのが表参道だったんでしょうね。

安土 052

正面から見るとこんな門です。

安土 049

読める?

安土 051

こっちの方が読みやすいですね。

元亀二年(1571)甲賀武士山中俊好建立と棟木にあるそうです。
こちらも甲賀から信長が移築したものです。

信長はあちこちからお寺の建物を集めて来たみたいですね。

安土 047

移築って解体は面倒くさいしお金もかかるような気がするけど、
日本の古い建築って釘を使わず木組で作るから移築もしやすいんでしょうか。
上手くやればお金もかからないのかも。

昔の職人の技術って凄いですね。

安土 048

門に安置されている金剛力士像。

安土 050

この方々もとても古く、応仁元年(1467)因幡院朝作との名が残っており、
信長が甲賀から移したそうです。

安土 053

あとは元の大手道の入口へ戻るだけです。

お寺の入口(通行止)の横には神社もありましたが、
こちらからの出入りはできないため、神社には立ち寄れません。

安土 054

のんびりと山道を歩いて帰ります。

でも、よく見るとかつて道だったであろう獣道や、石組などがあり、
昔はこの辺にも兵士や城で働く人が住んだり行き来していたんでしょう。

なんて思っていたんだけど、昔の絵地図を見たら、
意外にも木が多くて山の中にちょこちょこと建物がある状態でした。

想像を膨らませ過ぎたようですーー;
道はあったんだろうけどね~

そう見寺朱印

入口の受付で買った摠見寺の御朱印。
残念ながら印刷です;; 係りの人が日付だけ入れてくれました。

さて、安土城の天主はどんなんだったんでしょう?

近くに「信長の館」¥600と「安土城郭資料館」¥200があります。
どちらかに行こうと考えた結果、入館料が安い安土城郭資料館へ行きました。

Miniature_Model_of_Azuchi_Castle.jpg

20分の1の模型があります。
これが建ってたんですね~

ん?どこかで似たような城を見たことがあると、ふと思いました。
そうだ!!私の故郷の伊勢にある「安土桃山文化村」に安土城があるんだった。
もうちょっと派手だけど、概ね見た目は同じです。

280px-Aduchijou-mogi.jpg

実家からも、ずっと遠くの山の中にこの城が輝いているのが見えます。
ああ、きっとこんな景色を当時の人々は見ていたんだ~

もし伊勢に行くことがあったら、この城を探してみてください。
わりと遠くからも見えます^^

次は沙沙貴神社へ行きますよ^^

<< 吉野山17 脳天大神 近江八幡2 沙沙貴神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 安土城 摠見寺 近江八幡 織田 信長 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示