吉野山12 大日寺

五智如来の大日寺   2015-4-26参拝  2015-5-21

本日のコース
金峯山寺→金峯神社→吉野水分神社→竹林院→桜本坊→
善福寺→喜蔵院→如意輪寺→勝手神社→大日寺→吉水神社→
東南院→弘願寺→吉野神宮→脳天大神

平安朝藤原時代の五智如来像が五体とも
完全な姿で揃っているのは大変貴重なんだそうです。
少し奥まった分かりにくい所にありますが、拝観もできますので
ぜひ、立ち寄りたいお寺です。

大日寺は勝手神社のすぐ近くです。

吉野山 168

勝手神社の石垣の前にこの説明の看板がありますが、お寺は見当たりません。
説明にも書いてあるように前の道を右に下ります。

吉野山 173

すぐにこの案内板があるんですが、みなさん、左の道を行ってしまうことが多いようです。
私は間違えた人のブログを見ていたので、右の細い道だと知ってました^^v

しかし、私道のような道ですものね、間違えるよね~
この先も人の家と納屋の間を「いいのか?」と思いながら通って辿り着きました。

もしかするとこの辺り一帯がお寺の土地なのかもしれません。

吉野山 169

門前にあった庚申さん。
古そうな祠です。

吉野山 170

小さな境内は静かで参拝者は私たちだけです。

役行者の高弟、日雄角乗によって開創された日雄寺の跡地に建立された寺院です。
日雄寺は大海人皇子ゆかりのお寺で吉野最古の寺と言われています。

残念ながら室町時代に焼失しましたが、ご本尊であった五智如来は難を逃れ、
再建され大日寺となった当寺のご本尊です。

吉野山 172

元弘3年(1333)の「元弘の乱」で、吉野落城の際に護良親王(後醍醐天皇の皇子)の身代わりとなって忠義を尽くし壮烈な最期を遂げた村上彦四郎義光、義隆父子の菩提寺でもあります。

吉野はあちこちに悲しい歴史がちりばめられていますね。
そんな歴史を知ると桜が散ってゆくのが物悲しく思えます。

今日は葉桜だけどね~

吉野山 171

本堂。

現在の本堂は江戸時代の宝永年間(1704~11)の建立だそうです。
こちらのお寺も本堂修理の寄付を募ってました。
屋根がね、トタンになっちゃってるんですよ。
やっぱり瓦がいいですものね。

ピンポーンとベルを押すと奥様(多分)がいらして、
拝観(¥400)と御朱印をお願いしました。

天武天皇も拝んだかもしれない五智如来さん。
素敵だなと思ったので、忘れないようにってじっくり拝んだんだけど、
仏像の知識がないとあまり覚えられない;; やっぱり残念な私。

仏像以外にも室町時代(だったと思う)の十大弟子とかの絵がありました。
これも穴があくほど見たんですけどね、記憶が…

大日寺・朱印

御朱印。

大日寺は火渡りで有名らしいです。
当日はたくさんの人で賑わい、一般の人も火渡りに参加できるそうです。

 日雄山大日寺 奈良県吉野郡吉野町吉野山2357

<< 吉野山11 勝手神社      吉野山13 吉水神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 吉野 大日寺 日雄寺 日雄角乗 大海人皇子 五智如来

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示