山城の山の中5 地蔵禅院

しだれ桜の地蔵禅院  2015-4-5参拝  2015-4-22

社寺巡りコース
木津川市:天神神社→井手町:高神社→玉津岡神社・地蔵禅院→
宇治田原町:御栗栖神社→雙栗天神社→茶宗明神社

地蔵禅院は井手町の名所・旧跡を検索して見つけた寺院です。

しだれ桜のある寺院として紹介されていて、
ちょうど桜の時期だし、しだれ桜を見に行こうと思い参拝したんですが、
結構有名なお寺だったんですね。
人が多いのでびっくりしました。

玉津岡神社の隣にあるお寺で、
玉津岡神社の記事で書いたように、神社お寺前の駐車場はほぼ満車で、
お寺の境内はもちろん人で混雑。

私たちは先に玉津岡神社へ参拝に行ってきました。
戻ってくると人が減っているではないですか^^
お昼の時間帯に差し掛かってきたからかな。

春 H27 161

それでも参拝客はたくさんいましたけど。

春 H27 162

さっそく見事なしだれ桜が。
樹齢280年にもなる古木です。

春 H27 169

老木をさらに長生きさせるには、いろんな努力が必要なんですね。
少しでも長く美しい姿を見せてもらいたいです。

春 H27 170

京都市の円山公園のしだれ桜はこの桜から株分けしたものだそうです。

春 H27 167

さっきの玉津岡神社はこのお寺より高い位置にありましたが、
周りを木々に囲まれていたので眺望は良くなかったです。

しかしこちらのお寺はとても良い眺望です。
ベンチを置いて下さっているので、しばし景色に見入ります。

お弁当を食べている人もいましたが、ちょっと周りの目が気になります^^;

春 H27 165

眼下に広がる山背の里。

井手町とその向こうに京田辺市。
どちらも古い歴史のある街ですので、史跡や神社仏閣が点在しています。
緑も豊かでのんびり散策するには良い所です。

ぼちぼちと時間を見つけては巡ってみたいと思います。

春 H27 163

本堂。
安政三年(1856年)に建立されたお堂です。

桜の時期だけかと思いますが、今日は本堂前にテントが立てられており、
近所のお年寄りがお手伝いに来ている感じでした。

甘茶を頂き、御朱印をお願いしました。
拝観料はなく寄付を募っていたので後で…と思ったら
桜に見とれて寄付を忘れました;; ああ、後悔。

春 H27 166

四月八日はお釈迦様の誕生日です。
お釈迦様が誕生したとき、天から甘茶が降ったとかで、
誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。

「天上天下唯我独尊」と生まれた時に釈迦が言ったと言われてますが、
今日、ちょっと調べてびっくり!
「釈迦が言ったのではなく、釈迦以前に出世したといわれる過去七仏の第1仏である毘婆尸仏(びばし)が誕生した際に言ったとされる。」ですって Σ(;゚ω゚ノ)ノ

毘婆尸仏って誰だ?
また仏教迷宮に沈んで行く私。
とりあえず、今は忘れよう、毘婆尸仏 ーー;

春 H27 168

地蔵禅院の由緒ですが、創建変遷の詳細は不明。
玉津岡神社と一体だったのかと思いきや、そうでもないようで、
神宮寺とか別当寺という名前はどこにも出てきませんでした。

創建は飛鳥時代に橘諸兄だと伝わります。
やっぱりこの人なんだって感じ^^

ご本尊の地蔵菩薩は橘諸兄の持仏であったとネットに書いてありましたが、
頂いた縁起書には千手観音菩薩像が橘諸兄の持仏と書いてあり、
地蔵菩薩については書いてありませんでした。

春 H27 173

江戸中期には末寺十八ヶ寺を有する中本山格の寺院であったそうです。

春 H27 172

明治の廃仏毀釈では、周りのお寺がたくさん取り壊され、
仏像や経典がこちらのお寺に持ち込まれたそうです。
御本尊の両横の脇侍の仏像さんも廃寺になったお寺の物だそうです。

こちらの小さな石仏も居場所をなくした仏さんたちかも;;

春 H27 171

おや?十三重石塔の上部だけ?
さっき、玉津岡神社で下部だけ見たよなぁ σ( ̄、 ̄=)

石造物の好きな人のブログで見つけました!
やっぱり一つの石塔みたいです。

玉津岡神社にあったのが下の四段分。
左側にあるのが真ん中の四段分(上部の飾りは余計だけど)。
右側が一番上の五段分。
全部で十三です~確定ではないみたいですけど、そうじゃないかと言うことです。
鎌倉時代中期の物と判明したそうです。

一緒にして完成形にしたらダメなんだろうか?
素人の素朴な疑問。

春 H27 164

大きなお寺ではないですけど、やっぱりしだれ桜は良かったです。

地蔵禅院

朱印帳にお寺の縁起と一緒に「ご朱印帳について」と言う紙が挟んでありました。
ご朱印を頂くと、しばしば挟んである事があります。

ご朱印がちょっとしたブームと言われる今日この頃。
スタンプラリーと勘違いした人がいるのが実情で、迷惑を被る社寺もあるようです。

地蔵禅院では、そういう不遜な人々に少ながらず遭遇したようです。
今一度、我が身を振り返ってみたいと思います。
気持ち良く参拝したいですものね^^b

 地蔵禅院 京都府綴喜郡井手町大字井手小字東垣内16

次は宇治田原町に向かいます。御栗栖神社です。

<< 山城4 玉津岡神社      山城6 御栗栖神社 >>


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 井手町 地蔵禅院 しだれ桜 玉津岡神社 橘諸兄

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示