伊豆旅行記7 最誓寺

伊東氏ゆかりの最誓寺   2015-2-1参拝  2015-2-18

源頼朝八重姫のロマンスの舞台として日暮神社、音無神社、
そして最後に最誓寺という感じです。

若い二人の許されぬ恋の行方は生まれた子供が殺されるという
悲劇で終わります。
八重姫は親に結婚させられますが、哀れな我が子を弔うために
夫に願い出て、思い出の音無の森に建てたのが最誓寺です。

音無神社の向かいにあるお寺ですが、音無神社からはお寺の裏に当たり
入ることが出来ませんので、ぐるっと回って山門から入りました。

伊豆旅行 137

街中にあり、そんなに大きなお寺ではないですが、キレイに整備されています。

伊豆旅行 136

山門脇に石碑。
何か意味がありそうな気がして写真を撮ったけど意味は全くわからず><

伊豆旅行 140

本堂。
大きくて立派な本堂です。

私は伊東氏と八重姫ゆかりの寺として参拝に来ましたが、
伊東七福神」の一つとしての方が有名なのかな?
ネットを見ていると七福神巡りで紹介されている方が多かったように思います。

伊豆旅行 141

ここの彫刻も凄~~い!

最近、お寺や神社に施されている彫刻の意味を知りたいと思っています。
社寺巡りをしていると宗教は勿論、歴史や地理にも興味を持ち、
奥が深すぎて幅も広すぎて、溺れそうです^^;
でも楽しい♪ 

伊豆旅行 142

娘が「ここなら朱印もらえるんじゃない?」と言うのでピンポーン。
快諾して頂けました\(^ ^)/

ご朱印を待つ間、ウロウロしていたら近所のおばあちゃんがお花を持ってやって来て、
「戸を開けて中に入りなさいよ」と言うんです。
いいのかなあ?と中を覗いていたら、掃除をしていた住職さんが入れて下さいました。

この時は知らなかったんですが「千鶴丸地蔵尊」があったそうです。
見たような、見てないような…せっかく入れてもらったのに;;

伊豆旅行 144

境内には小さな祠がありました。
こちらは水子供養の祠。

伊豆旅行 143

これは樹齢600年のソテツ。

伊豆旅行 138

伊東家歴代の御墓。
伊東氏は藤原の一族で伊豆で絶大な力を誇った豪族だったそうです。

伊豆旅行 139

説明にも書いてありますが、最誓寺伊東氏の菩提寺ではありませんでした。
菩提寺は伊東氏の勢力の衰退とともに廃寺となり、八重姫の寺である最誓寺
伊東氏縁の寺として墓石を移したそうです。

 宝珠山最誓寺 伊東市音無町2-3

ちなみに最誓寺の近くに伊東氏の邸宅があったそうですよ。
日暮神社で教えてもらった葛見神社も伊東氏の守護神社だったそうです。

最誓寺でご朱印を頂けたので、葛見神社は諦めて帰りました。
こうやって歴史を調べていると行っとけば良かったかなぁ~と後悔の念も多少あります…


伊豆の社寺巡りはこれで終わりです。
たくさんは巡れませんでしたが、楽しい旅行でした^^
子供たちと一緒に旅行できるのも、あと数年だろうしね。


<< 伊豆旅行記6 日暮神社・音無神社            甲賀忍者の里 1 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊東 最誓寺 千鶴丸 源頼朝 八重姫 伊東七福神

comment

Secret

紹介

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示