室生から東吉野への旅 4

水神の宿る丹生川上神社(中社)  2014-12-21参拝  2014-12-27

今回のコース 室生寺→白馬寺→平野水分神社→丹生川上神社(中社)→天一神社

前から行ってみたいなと思っていた丹生川上神社
今回は中社だけですが、行くことができました。

こちらの神社も水の神様を祀っています。
宇陀も室生も吉野も紀伊山地の山々はたっぷりの水を湛えた命の山なんですね。

余談ですが、伊勢の国々も紀伊山地に繋がる山から川が流れてきます。
だからなのか、他の地域が水不足になっていても、大丈夫なことが多いです。
大雨など水が多すぎて困ることはよくありますが・・・



R166から県道16を通り県道220へ入っていきます。
この道は江戸末期から昭和までの香りのする家がずっと立ち並んでいます。
ちょっと懐かしい感じのする町並みですが、空き家が目立つことが残念です。

城跡もあり、昔はたくさんの人が住んだ地域だったようです。
史跡の案内の看板が道沿いにたくさんありました。

私の目を引いたのは天誅組(てんちゅうぐみ)。
この前、幕末好き芸能人が天誅組の吉村寅太郎について
熱く語っていたのが記憶に残っていました。
その寅太郎のお墓がありました。
この地は天誅組終焉の地だそうで、たくさんの史跡が残ってます。

歴史ロマンの地ですね~

室生&東吉野 088

丹生川上神社東吉野村の「小」と書いて「おむら」と言う所にあります。
変わった読み方ですが、神社の後ろに聳える山の名前は小牟漏岳です。

室生&東吉野 112

古事記にその名が出てきますが、雄略天皇の時代のお話です。
雄略天皇は五世紀の人です。その頃から吉野は重要な土地だったんですね。

丹生川上神社は上社、中社、下社があります。
Wikiを読んだところ、延喜式の「式内大社 丹生川上神社」がどれか、
はっきりとは分からないようで、先人の研究により上中下と付けたようです。
この上中下は格を表すものではないそうです。

現在は中社が「式内大社 丹生川上神社」とされているようです。

室生&東吉野 092

道沿いですので、すぐ分かります。

駐車場が満車?!と思ったらトラックや作業車ばっかり^^;
今日は近所の方々が年越しと正月の準備に追われていました。

室生&東吉野 090

大きなどんど焼きが行われるようですね。

奥に見えるのが社務所です。
ご朱印はこちらで頂けます^^v

室生&東吉野 091

読めそうで読めない由緒書き。

四十代天武天皇白鳳四年(675年)「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により創祀せられ、雨師の明神、水神宗社として朝廷の崇敬は殊の外篤く「延喜式」(927年)には名神大社に列せられ、又平安時代中期以降は、祈雨の神として「二十二社」の一つに数えられました。祈雨には黒馬を、止雨には白馬又は赤馬を献じ朝廷の特に崇敬する重要な神社でありました。

室生&東吉野 096

ちょっとボケてますが、拝殿にあった黒馬と白馬の絵馬。
奉納者は東京電力と関西電力。中部電力はどうした?

室生&東吉野 095

こちらが拝殿。

室生&東吉野 097

御鏡が三つ飾ってありますね。

お社が本殿と東殿、西殿と三社あるからかな?
それとも祭神の罔象女神(みづはのめのかみ)と相殿で東方に伊邪奈岐命(いざなぎのみこと)、
西方に伊邪奈美命(いざなみのみこと)を配祀しているからかな?

東殿は天照大神、西殿は開化天皇だそうです。
相殿の神様はたくさんいらっしゃいますが。

室生&東吉野 109

参拝者用の祓串があります。祓串が置いてあるのは初めてです。
ちょっと嬉しくて、何度も払ってしまいました^^;

室生&東吉野 115

本殿も東西殿もほとんど見えません。

本殿は文政12年(1829年)、他も文政11年から天保元年(1828-30年)までの造替で
町の文化財に登録されています。

室生&東吉野 101

横から少し見えました。

室生&東吉野 102

うっすらと色彩の残った彫刻が見えたんですが、ボケちゃいました><

室生&東吉野 099

そんなに広くはない境内ですが、境内社がいくつかありました。

室生&東吉野 100

小さいお社ながらも、凄い立派な彫刻がありまよ。

室生&東吉野 104

叶大杉(かなえおおすぎ)。
一生懸命、お願い事を念じてきました^^

室生&東吉野 106

丹生の真名井(清めのお水)。

室生&東吉野 105

せっかく柄杓とコップが置いてあるので、一口飲んでみました。
夏に宇陀の隅坂神社でも御神水を飲んだし、しばらく風邪は引かないかもね^^v

室生&東吉野 107

漏斗やバケツも常備されています^^;

室生&東吉野 111

次は「なでフクロウ」。
叶大杉にいつの頃からか住みつき、丹生の杜の夜の番人として境内を守っているそうです。

室生&東吉野 114

そしてこちらは重要文化財の石灯篭。
弘長4年(1264年)伊行吉が造ったものとされるそうですが、
そんなに古いとは思えないほどキレイです。

文化財としては一木造の「罔象女神坐像」があるそうです。日本最古の和装姿だそうです。
他に唐衣の女神像2躯、男神像4躯が奉安され、いずれも藤原時代後期の作。
どこかに保管されているんだろうな、宝物殿は無かったから拝めないんだね;;

神像は珍しいので、ぜひお目にかかりたいのに~

室生&東吉野 093

神社前の高見川。

このもう少し上流の川を渡っ所に本宮があり、そこが元の鎮座地らしいです。
車からちらっと見えたんですが、通り過ぎてしまいました。

社伝によれば、鎮座地は神武天皇が天神の教示によって天神地祇を祀り、戦勝を占った地であり、
白鳳4年(675年)に罔象女神を御手濯(みたらし)川(高見川)南岸の現摂社丹生神社の地に奉斎し、
その後現在地に遷座したものと伝えられています。

今度は上社と下社に行きたいです!

 丹生川上神社(中社)HP >>

次は本日最後の神社、天一神社です。

<< 室生から東吉野へ3 平野水分神社     室生から東吉野へ5 天一神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事
 丹生川上神社・下社の記事 >>
 丹生川上神社・上社の記事 >>

スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 東吉野 丹生川上神社 天誅組

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示