fc2ブログ

茅葺屋根の六所神社(野殿)

自然の中に溶け込んだ六所神社  2014-11-16参拝  2014-11-27

本日のコース 三国越林道  
野殿六所神社童仙坊・大神宮社・總神寺→和束・正方寺→金胎寺

伊賀から京都へ入ってはじめての村が野殿です。
タイムスリップしたような山里…と言いたいところですが、普通の村です。

そこにひっそりと存在する六所神社へ行ってきました。

櫛田・南山城 070

パッと見、普通の村なんですが、道がすごーく細かったです。
自分で運転していたら、諦めそうなくらいの道でした。
(幹線道路は広いんですよ)

ナビが指すのでその道に入ろうとしたら、畔道が舗装してあるような感じです。
地図を見て違う道から入ることにしました。

民家の間から入って、これが正しい道だとか言っていたら、
だんだん細くなって、さっきの道と合流ーー;
ナビは間違ってなかった…

櫛田・南山城 069

駐車場はないですが、神社前に駐車できます。
多分、文句は言われないと思います^^;

櫛田・南山城 068

鳥居の横の巨木。
この木は古そうです。樹齢はどんなもんでしょうか?

櫛田・南山城 067

勧請縄というそうです。
いろんな形の物がぶら下がっているのは初めて見ました。

誰かのブログで「伊賀式の勧請縄」と書いてありました。

櫛田・南山城 066

参道を歩いて行くと、さっきまで里にいたのに、ここは山の中って感じです。
山の中の神社にはたくさん参拝したけど、ここは本当に山に溶け入ったようです。

そして恐ろしいくらい静かです。

櫛田・南山城 061

この拝殿と本殿の覆屋根は文化財だそうです。

柏手を打ったら、まわりに響き渡りました。
こんなに反響した柏手は初めてです。山の神様が見ているような気がします。

櫛田・南山城 063

この六所神社についての由緒や歴史は調べて見てもさっぱりわかりませんでした。

歴史を調べてわかったのは、柳生藩家老職であった野殿氏が
移り住み、当時は役人や代官の往来が盛んであった、と言うことだけ。

童仙坊の歴史はネットで見つけたけど、野殿にも当てはまるのかは…謎。

櫛田・南山城 062

茅葺屋根の本殿かと思ったら、これは本殿の上を覆う屋根。

櫛田・南山城 064

本殿はこちら。
小さいお社がいくつかあります。
ちょっと変わった形のお社?

櫛田・南山城 065

なんだか異世界へ迷い込んだような雰囲気を持つ神社でした。
(今までも同じようなことを書いてるかもしれませんが、その時はそう思うんです^^;)

険しい林道を通らないと来られない山の上にある山村である立地条件が
そんな風に思わせるのかもしれませんね。

野殿童仙坊と一緒に村を盛り上げようと住民ががんばっている地域です。
ネットでこの地域を検索して見ていると、それがよくわかります。
私は六所神社ももっと紹介したらいいのに~と思います。

 六所神社 京都府相楽郡南山城村大字野殿小字宮ノ前1

<< 秋の三国越林道        南山城村童仙坊 大神宮社・總神寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 野殿 南山城 柳生藩 童仙坊 六所神社

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示