FC2ブログ

柳生を行く10 笠置寺

巨大な磨巌仏のある笠置寺   2014-9-14参拝  2014-10-8

今回のコース 円成寺→夜支布山口神社→多聞神社→御室派南明寺
→長尾神社→柳生の里(柳生藩家老屋敷、陣屋跡、芳徳寺、一刀石)→笠置寺

鹿鷺山笠置寺(しかさぎざん かさぎでら)と言います。
ここはもう柳生ではなく、奈良県でもなく京都になります。
京都府相楽郡笠置町です。
木津川が流れ、少し西へ行くと木津川市、東へ行くと伊賀市です。


お昼を求めて柳生から京都にやってきました。
R163に出てコンビニでお昼を買って食べました。

R163は木津川沿いの古い街道です。
この辺りはどうやらコンビニが少ないらしく、ここのお店は大繁盛です。

笠置の街は昭和の香り漂う一昔前の観光地って感じです。
温泉があるようでホテルもいくつか見えました。

さて笠置寺への道は案内板はあるものの、見落としてしまいそうな細い道です。
そして、その先がなかなか過酷な舗装路です。
狭いし、急だし、意外に長いし…
運転の苦手な人にはキツイです。私は避けたいです;;

柳生の里 148

山門。

山頂近くに大きな駐車場があり、500円と書いてありましたが、
誰も人はおらず無料で停められました。
駐車場から少し歩くと宿泊と食事ができるこれまた昭和チックな建物が。

もう少し登ると山門到着です。

柳生の里 149

創建は大友皇子か、または天武天皇と言われているそうですが、
弥生時代から巨石を神として祀る磐座信仰があったそうで、
2000年も前から信仰の場でした。

名前の由来は大友皇子が狩りに訪れた時に崖で立ち往生し、
助けてくれたら阿弥陀仏を刻むと約束し、その場所に目印として
笠を置いて行ったそうです。
今昔物語に書いてあるんだって~

山門を入って進んでいくと本坊があり、拝観料を払います。
ここで御朱印も書いてもらえます。

その横に収蔵庫があるんですが、湿度の管理ができないので
いくつかの宝物は博物館に委託管理してもらっていると書いてありました。
でも、大きな仏像と文書などはありましたよ。

柳生の里 150

お社がありましたが、何の神様か良く分かりません。

まさか笠置寺に来れると思って無かったので、事前調査ができてないんです。
予備知識がゼロの状態です><
磨巌仏がある事くらいしか知りませんでした。

そしてパンフレットもらってから「行場巡り」があるんだと知りました。
私の足は柳生の里でかなり疲れています\(;゚∇゚)/
しかし、来たからには行くしかない!

柳生の里 151

巨大な岩です。
伊勢の国の行場巡り(巡ってないけど)のある伊勢山上 飯福田寺(記事はこちら)を思い出します。
大丈夫か?私 σ(^_^;)

柳生の里 152

正月堂が見えてきました。

東大寺を開山した良弁和尚やその弟子の実忠和尚も修行した所で、
東大寺で有名なお水取りの一回目を実忠がここで行ったそうです。

柳生の里 159

正月堂は前にある巨石に刻まれた弥勒磨巌仏の礼拝堂です。
木が邪魔ですが左の大きな岩です。

柳生の里 154

1331年に倒幕に失敗した後醍醐天皇を迎えたことから、
幕府の攻撃を受け、兵火により一山焼き尽くされました。

その時に弥勒磨巌仏も焼かれて消えたそうです;;
現在は見ての通り、光背だけが残っています。

柳生の里 156

デジタルで復元された画像が正月堂の中にありました。

柳生の里 157

残っていて欲しかったですね~実物を拝みたかったです。
画像が青いので余計神秘的に見えますね。

柳生の里 158

正月堂もその時の兵火で焼失しました。
笠置寺は復興と焼失を何度も繰り返して衰退していったそうですが、
この正月堂は室町時代に再建されてその後、焼失せずに残ったお堂です。

柳生の里 153

十三重石塔。重要文化財です。
かつてこの場所に木造の十三重塔があったそうですが、
やはり兵火で焼失し、この石塔は鎌倉時代末から室町時代に再建された物です。

ネットで笠置寺曼荼羅図(鎌倉時代)を見ましたが、
すごく大きく朱色の美しい塔が描かれていました。
後醍醐天皇、なんでここに逃げて来たのよ(-ε-)ブーブー

柳生の里 160

さあ、正月堂から行場巡りの始まりです。
正月堂は裏へ回るとこんな舞台造りになっていたんですね。

柳生の里 161

柳生の天石立神社にも巨石がいっぱいだったけど、
ここにはそれ以上にデカイ岩がゴロゴロしています。
こりゃ、古代の人は拝みたくもなるよな~

柳生の里 162

千手窟。

柳生の里 163

実忠和尚のことしか書いてないですが、良弁和尚もここに籠もって
修行し、木津川の舟運の妨げとなっていた川底の岩を削ることができたそうですよ。

たくさんの伝説の残るお寺ですね。

柳生の里 164

おお~~~と声をあげてしまう磨巌仏
突然現れるのですよ。びっくりなのですよ。

柳生の里 167

激しい兵火の中で唯一残った虚空菩薩さまです。

戦の前は薬師石や文殊石などもあり、それぞれ磨巌仏が彫られていたそうですが、
どれもこれも兵火で失われたそうです。
ひとつの磨巌仏でこんなに感動できるのに。
たくさんあったら、もっとたくさん感動できたのに(ノ_-;)

柳生の里 165

足場が無いので、上手く全体像が捉えられません><

柳生の里 168

うーん、よけい分からない。
私が感動してあっちこっちから写真を撮っていたら、先に行った主人が
待ってると蚊に刺される!と戻ってきました^^;

仕方ないな~先へ行きますか。

柳生の里 169

胎内くぐり

柳生の里 172

太鼓石

柳生の里 173

名前付いてないけど凄い石^^;

柳生の里 175

展望がいいので一休み。

柳生の里 176

ゆるぎ石

柳生の里 178

平等石と蟻の戸わたり。
この石の上が一番景色が良さそうなんですが、一人ずつしか登れず、
三世代家族が登っていたので時間がかかりそうだったのでパスしました。

柳生の里 180

二の丸跡へ。

柳生の里 181

二の丸からの景色。

柳生の里 182

貝吹岩

柳生の里 183

つわものどもが夢のあと…

柳生の里 185

だいぶ足に来ていたので、登りませんでした。
多分、何も無いと思ったので。

柳生の里 186

この辺りは建物がたくさんあった所見たいで、平地が公園になっていました。
桜や紅葉が植えられていました。

柳生の里 187

大師堂です。
これで全長800mの行場巡りは終わりです。
観光気分で回れる行場で良かったです。
地元の伊勢山上みたな行場だったら途中であきらめようと思いましたよ。

柳生の里 189

山門を入ってすぐの所にありました。
御本尊の香炉だったそうです。

他にも新しいんですが、お堂やお社がありました。
いつもなら行ける所は隈なく回るんですが、今日は体力の消耗が…
なので、これで笠置寺を後にしました。

柳生の里 190

これは駐車場にあった行場巡りの地図。

今日は3組くらいの参拝客にしか会わず、快適に参拝できました^^
時期によってはもっと多いのかもしれませんね。

私の今日の願い…強靭な足と体力が欲しいです。
精進してがんばります。

 笠置寺 京都府相楽郡笠置町笠置山

 笠置寺 HP >>

                柳生を行く おわり  

<< 柳生9 天石立神社       船江上社・河原淵神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 柳生 笠置寺 正月堂 磨巌仏 お水取り 行場巡り

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/09 09:23)

相楽郡笠置町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示