柳生を行く8 芳徳寺

柳生家の菩提寺 芳徳寺   2014-9-14参拝  2014-10‐6

今回のコース 円成寺→夜支布山口神社→多聞神社→御室派南明寺
→長尾神社→柳生の里(柳生藩家老屋敷、陣屋跡、芳徳寺、一刀石)→笠置寺

神護山芳徳寺(しんござんほうとくじ)は1638年に柳生但馬守宗矩
(やぎゅうたじまのかみむねのり)が亡父・石舟斎宗厳(せきしゅうさいむねよし)の
供養の為に創建したそうです。
柳生家による柳生家の為の柳生家のお寺ですね。
開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚です。
沢庵を発明した和尚さんですね^^

お寺は高台にあります。
「これくらい登れるさ」と思うけど、登ってみるとやっぱりしんどいです。
神社だ寺だと結構昇ってるんですけどねぇ。
なかなかスイスイとは登れません><

柳生の里 106

階段を上って行きます。

柳生の里 107

私たちの前を年配のグループが歩いていますが、
彼らは芳徳寺へは行かずにこの先に進んで行きました。
多分、天石立神社へ行ったと思われますが、そっち方面が柳生街道となっており、
円成寺を通って春日大社方面へ行けます。

せっかくなのにお寺は立ち寄らないんですね。
つくづく「歩くこと」がメインなんですね。

柳生の里 131

芳徳寺の少し手前に正木坂道場があります。
正木坂とは陣屋跡があった辺りで、昔はそちらにあったそうです。
大きな道場で、ちょっと覗いてみたかったんですが、
坂道の疲れで止めてしまい、また後で後悔しました;;

柳生新陰流の道場でしょうね。
その昔、柳生十兵衛が一万人の門弟に稽古をつけたそうです。
門弟には宮本武蔵や荒木又衛門がいたそうですよ@@

柳生の里 108

着きました~山門です。

門には拝観料200円と書かれていますが、無人です。
きっとズルする人もいるぞーー;と思いつつ、ちゃんと200円を納めて中へ。
仏様は皆の行いを見てますからね!

山門前には広いスペースがありますが、ここには柳生家の居城があったそうです。

柳生の里 109

新しくてすごく綺麗です。
柳生の里周辺はどこもかしこも掃除が完璧です。
掃除嫌いな私には、この状態は尊敬に値します。

本堂の右隣には児童福祉施設の寮があります。
ちょうどお昼時でしたので、子供たちの元気な声と食器を洗う音が聞こえてきました。

柳生の里 116

本堂横の庫裡から入りますが、誰もいません。
中は資料館になっています。

「御用の方は…」と書いてあったのでカーンを鐘をたたくと
お寺の方が現れて、ささっと御朱印を書いて下さいました。
忙しかったんですね、さっとまた奥へ消えてゆきました…

柳生の里 117

ガラスが反射して見難いですけど、二蓋笠の紋入り鎧。
いや、剣道の胴着かな?
(撮影禁止では無かったです^^)

柳生の里 118

刀の鍔。

柳生の里 119

柳生藩の印だ~

柳生の里 110

本堂も見学できます。

柳生の里 111

本堂には本尊と柳生但馬守沢庵和尚の像。
説明書きもありました。

柳生の里 113

柳生但馬守の像。
沢庵和尚の像と共に京都の仏師康看が彫りました。

柳生の里 112

本尊の釈迦如来三尊と沢庵和尚の像。
1711年に大火で一山堂宇失われましたが、
これらの像は焼失を免れたそうです。

柳生の里 121

廃藩後は廃れて山門、位牌堂なども売り払われ、
無住となり廃寺の危機にあったそうですが、
尾張柳生の末裔によって資金を寄進され復興できたそうです。

柳生の里 129

本堂の脇を通って柳生家代々のお墓へ行けます。
知らなかったら絶対に行かないような所にあります。

柳生の里 122

あった!と思ったら歴代住職のお墓でした。
柳生家のお墓はもっと奥です。

きっとこの辺り一帯がお寺と柳生家のお城だったんでしょうね。
どこでもお墓は一番奥ですものね。

柳生の里 128

この石段の上です。

柳生の里 123

傾いて壊れそうになった六地蔵が時の長さを物語っています。
なんだかちょっと物悲しく見えました。

柳生の里 125

どれがだれのお墓かわかるように立て札を付けてくれていますが、
大きい字で書いてあるのが戒名で小さい字で名前が書いてあるので
見つけにくいです。

お寺で貰ったパンフレットにお墓の図面があるので、
そちらを見た方が分かりやすいです。

が、その時は一生懸命、立て札を読んでました^^;

柳生の里 124

奥の列の大きいお墓が柳生但馬守宗矩。
前の列の但馬守の右側が十兵衛
分かりにくいですね;;
えっと右から5番目が十兵衛、6番目が但馬守です。

柳生の里 126

これ、但馬守宗矩さんのお墓です。
重厚なお墓です。

芳徳寺へ行ったら柳生一族のお墓にお参りを^^
武道はやってないけど、シャキーンって背筋が伸びる想いがします。

 神護山芳徳禅寺 奈良市柳生下町445

次は芳徳寺からもう少し登って石舟斎が天狗と剣術の稽古をしたと
言われる天石立神社へ行きます。

<< 柳生7 八坂神社・陣屋跡など      柳生9 天石立神社 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 柳生 芳徳寺 柳生但馬守 十兵衛 沢庵和尚

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示