FC2ブログ

伊勢国 一ノ宮を巡る 3

猿田彦大本宮 椿大神社        2014-5-10参拝     2014-5-27

今回のコース 都波岐神社→日永追分→椿大神社→野登寺

椿大神社は「つばきおおかみやしろ」と言います。
地元民は「椿大社(つばきたいしゃ)」と呼ぶことが多いです。

全国にたくさんある猿田彦神社の大本宮で、そして伊勢国の一ノ宮です。

鈴鹿ICの近くには高速道路からも見える巨大な赤い一の鳥居があります。


椿大神社も近いのでいつでも行けると思いなかなか行かなかった神社です。
多分、3回目かな。前に参拝したのは25年くらい前です。

静かな山の麓の神社のイメージだったんですが、警備員がたくさんいるくらい
混雑していてびっくりです。駐車場も近くは満車でした。

伊勢国一の宮 045

境内の案内鈑。
あれ?こんなに広かったっけ?社もいっぱいある…

リュックを背負って山に向かって行く人もたくさんいました。
写真の看板の上が切れてしまってますが、
高山入道ヶ嶽(906.1m)の頂上に奥の院があります。
山頂一帯に太古の磐座(いわくら)が点在しているそうです。

伊勢国一の宮 023

参道の入り口にある獅子堂です。
あまりの人の多さに中を覗いてみました。

伊勢国一の宮 034

拝殿でいっぱいの人がお祓いを受けています。
この方々は交通安全の祈祷を受けられていました。

獅子堂は聖武天皇が奉納した獅子頭に由来しているそうです。
なんで獅子が交通安全なのかは不明^^;

伊勢国一の宮 025

獅子堂前はお祓いを受ける車でいっぱいでした。
拝殿で祈祷を受けたら、今度は車のお祓い。

三人の神職さんがそれぞれ車の前に立ち「祓い給え清め給え」と言ってました。
一人の神職さんがまとめて何台も祓うよりは効果がありそうですよね。

ちなみにお祓いを受けている車は全部愛知県ナンバーでした。
主人が「熱田神宮ではダメなのかな?」とポツリと呟いておりました。

交通安全はやっぱり猿田彦神なのかな?

伊勢国一の宮 024

この道の先にはいくつかのお社があり、さらに進んで行くと入道ヶ嶽への登山道になるようです。

左側の建物は参集殿。
まだ新築で中はホテルのロビーみたいに綺麗でした。
入ってくる人がみんな「わぁ~」と言うくらい豪華です。
一階には休憩所と売店になってましたが、上の階は宿泊や研修会場になってるようです。

伊勢国一の宮 026

1000年以上の歴史ある参道。
参拝者が多くて活気があります。

伊勢国一の宮 027

読み難いですね><
謡曲「鈿女」に謡いこまれる神代の神跡。天孫瓊々杵尊一行の御船がここに繋がれ、
この地より九州に御先導されたと伝わります。(HPより)

なんと境内に御舟磐座があったんですが、見落としました( ̄□||||!!
きっとこの近くにあったはずでず。

実はここではたくさん見逃して帰ってきました。
帰ってから境内地図を見てショックを受けました/(´ω`;)\
なんにも見てないやーーーん!!

伊勢国一の宮 028

恵比寿さんと大黒さんは見たんだけど・・・

伊勢国一の宮 029

高山土公神陵。

こちら、なんと猿田彦神のお墓です。
後ろに見える小さな山が前方後円墳になってるそうです。

古墳時代など年代を考えるとおかしいですが、後の人が造り変えたとか、
末裔のお墓とか色々考え方はあるかと…

伊勢国一の宮 031

本殿が見えて参りました。

主祭神はもちろん猿田彦神
猿田彦神はニニギ尊を導いた神様です。

椿大神社の創建は垂仁27年(紀元前3年)倭姫命の御神託により
高山土公神陵の前方御舟磐座辺りに「道別大神(みちわきおおみかみ)の社」と
して社殿を造営し奉斎されました。
仁徳天皇の時、御霊夢により「椿」の字をもって社名としたそうです。
(パンフレットより)

伊勢国一の宮 033

椿大神社は内務省神社局に認められた猿田彦神大本宮と言ってますが、
実は伊勢の猿田彦神社も「実はうちが本宮」と言っています。

椿大神社の宮司家は山本さんで猿田彦神直系と言ってますが、
伊勢の猿田彦神社の宮司家も直径を名乗ってます。

伊勢の宮司家は「宇治土公」家といい、「土公」が猿田彦神を表すなら
伊勢の方が本家のような気がしますが(地理的にも)、内務省が決めたのなら
ちゃんとした調査をしたのでしょうから、そうなんでしょうねぇ。

今となってはわかりませんよね、悠久の時間の中に埋もれてしまいました。

伊勢の猿田彦神社の記事 >>

伊勢国一の宮 032

右が本宮で左が社務所です。
社務所でオリジナルの朱印帳を買って御朱印を頂いて嬉しくて、
ちゃんとした本宮の写真を撮り忘れました。

朱印帳の画像はまだです;;

伊勢国一の宮 035

本宮から赤い燈籠に導かれて辿り着くのは椿岸神社。

祭神は猿田彦神の妻神・天之鈿女命(あめのうづめのみこと)。
縁結び、夫婦円満、そして芸事に効果を発揮する神様です。

伊勢国一の宮 044

朱くて小さくて控えめな社殿。
天之鈿女命は可愛い女性だったのかなと思うのですが、
神話では天の岩戸の前で裸で踊ったり、他の神が怖がった猿田彦神と結婚したり、
なかなか豪快な女性でもあったようです。

実は姉御肌の肝っ玉かあちゃんタイプだったのかも。

伊勢国一の宮 043

拝殿の中も朱くてかわいいですね。
なにか平安時代の優雅な宮廷を思い浮かべます。

伊勢国一の宮 042

拝殿の中にすり鉢とすりこぎ。
やり方が書いてあって、その通りにやってきたんですが、
どう言う由来でどうやったか、きれいさっぱり忘れました><

伊勢国一の宮 039

社殿の横にある「かなえ滝」。うん、願いが叶いそう^^

伊勢国一の宮 038

絵馬が椿の花です。これまた可愛いです。

伊勢国一の宮 036

写真には撮りませんでしたが、
奉献した人の札に有名芸能人の名前がたくさんありました。

伊勢国一の宮 040

扇塚。
昔は芸事といえば扇ですよね。いくつかの扇が納められていますね。

伊勢国一の宮 041

これで私は帰ってきてしまいました。
ちゃんと境内図を見て回ってくれば良かったです。
これだけ社寺巡りをしてるのに相変わらずの間抜けぶり。

朱印帳 椿

椿大神社 HP >>

門前町はそんなにお店はたくさん無かったので、すぐ次の野登寺へ向かいました。

 << 伊勢国一ノ宮2 日永追分       伊勢国一ノ宮4 野登寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 椿大神社 猿田彦神 一ノ宮 大本宮 天之鈿女命

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示