浜の宮王子・補陀洛山寺

熊野三山 巡礼の旅 8              2014-3-22


今回の旅のコース

一日目(3月22日)
熊野本宮大社→(新宮)神倉神社・熊野速玉大社・阿須賀神社→

那智浜の宮王子補陀洛山寺→太地→道の駅なち(車中泊)

二日目(3月23日)
那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社→串本海中公園→潮岬→(熊野市)花の窟神社・産田神社

新宮から那智にやってきました。
本日最後の巡礼の地、浜の宮王子補陀洛山寺(ふだらくさんじ)に行きます。

今日、車中泊をする「道の駅なち」から歩いて数分の所にあります。
浜の宮王子補陀洛山寺は隣り同士です。

駐車場は補陀洛山寺の方にあります。

熊野三山 167

熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわじんじゃ)と書いてあります。
浜の宮王子の社跡にできた神社だそうです。

つまり浜の宮王子もう無いんですね;;
浜の宮王子九十九王子の99番目です。最後!と思いきや実は101の王子があります。
「九十九」は「たくさんあるよ」と言う意味だそうです。
実際、増えたり減ったり時代によって数は違ったみたいです。

正面に本殿が見えます。 右側に大楠があります。

熊野三山 168

樹齢800年だったか1000年だったかの夫婦楠。

この神社の前には「渚の森」が広がっており、平安時代の和歌にも詠まれる名勝だったそうです。

熊野三山 169

「神武天皇頓宮跡」の石碑を発見。神武天皇の宮があったのか?!

熊野三山 171

読み難い看板><書き直してほしいです。

熊野三山 172

主祭神は熊野三所権現の夫須美大神・家津美御子大神・速玉大神です。
参拝する所も三つになってます。

熊野三山 173

おもっきり扉が閉まっていて中の様子は分かりませんが、
平安後期頃の神像3体(大山祇命、天照大神、彦火火出見命)が安置されているそうです。
重要文化財なんですが、御姿を拝見できる時はあるのでしょうか?

現在の主祭神の三権現と違いますが、時代によって祀られる神が違っていたそうです。
神様が変わるってなんか納得できませんけど。

庶民は主祭神がどんな神様とかあんまり考えずに拝んでいたんでしょうね。
実際、私も「主祭神は…」なんて言い出したのはブログを書きはじめてからですσ( ̄、 ̄=)

熊野三山 174

こちらにも説明看板がありました。
さっきのよりは読みやすいです。

この看板の向こうに見えるのが補陀洛山寺です。
昔は浜の宮王子の守護寺でした。

熊野三山 175

補陀洛山寺は世界遺産に含まれています。
大きいお寺ではないですが、私たちの他にも参拝者がちらほら見えました。

補陀洛山寺(ほだらくさんじ)って変わった名前ですよね。

「補陀落」とはサンスクリット語の「ポタラカ」の音訳で、観音菩薩の住む所の意味です。
極楽浄土ってことですよね。

そう言えばチベットでは観音の化身であるダライラマの宮殿をポタラ(補陀落)宮と言います。

ここのお寺が極楽浄土と言うわけではなく、ここから極楽浄土を目指して旅だった僧がいるからです。
その旅を「補陀洛渡海」と言います。

海の向こうに極楽浄土があると信じられていたんです。
でも人々はそれが死への旅路であることもわかっていたんです。
ちょっと悲しいです。

熊野三山 178

境内に渡海船の模型があります。

平安前期の貞観十年(868)の慶龍上人から江戸中期の亨保七年(1722)の宥照(ゆうしょう)上人まで25人のこのお寺の住職が補陀洛を目指して渡海しました。

熊野三山 179

この小さな船に一カ月分の食料と水を積んで外に出られないように
入り口を打ちつけて那智の浜から出発したそうです。

61歳になると補陀洛渡海しるのが習わしだったそうで、なかなか出発しないと
陰口を言われたとか;;
渡海したものの怖くなって船から逃げ出した僧を役人が海に沈めたという事件が
発生したりして補堕落渡海はなくなっていったそうです。

ここのお寺の住職になるのは、みんな嫌だっただろうな><
僧の他にも平維盛などの武士も渡海した記録が残っています。

境内に渡海した僧たちの名前の石碑がありました。なんだか悲しい気分です。

熊野三山 180

本堂は開いていて靴を脱いであがると住職さんがいらしてご朱印を頂きました。

拝んでいると「もっと中に入っていいですよ」と声をかけて頂き、じっくりと拝見できました。
ご本尊は平安時代後期の十一面千手観音で重要文化財ですが秘仏のようで写真が飾ってありました。

補陀洛山寺は仁徳天皇の時代(4世紀)にインドから漂着した裸形上人によって開山されたそうです。
そういえば那智の青岸渡寺の開山も裸形上人です。

この辺りはインドからも中国からも黒潮にのると漂着しやすいんですね。

熊野三山 176

中では写真を撮ってはいけなかったので、外から望遠で^^;

左の仏像は名前を忘れましたが重要文化財でした。

熊野三山 177

右側の重要文化財の人。かっこいい~

熊野三山 181

境内にブランコがあったりして、地域の公園的な役割も果たしているようです。
子供たちが遊んでいる姿も見ました。

ただ、駄菓子のゴミが落ちていたのが残念でした。

本日の巡礼はこれで予定をすべて終了しました。
たくさん巡れて満足です。

明日は那智大社と青岸渡寺です!

  << 熊野三山7 阿須賀神社         熊野三山9 那智大社 大門坂篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 那智 熊野三山 浜の宮王子 九十九王子 補陀洛山寺 補陀洛渡海 渚の森

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示