津八幡宮

津八幡宮                2014-3-16

津八幡宮神社は結城神社に行くときに見かけた神社です。

立派な鳥居と鎮守の森を抜ける参道が見えました。

結城神社に隣接していたので、これはお参りに行っておかなければ!と行ってきました。

結城神社 042

本殿がずっと奥に見えてます。

結城神社 043

町の真ん中とは思えない静けさです。
すぐ横には幹線道路が通ってますが、音がほとんど聞こえません。

森って消音機能があるんだね。

結城神社 049

本殿。残念ながらコンクリート製です。

結城神社 050

人の気配は無いだろうと思っていましたが、
扉が開いていて、中には灯りが燈っていました。

結城神社 048

拝殿の中が綺麗だったので写真を一枚と思ったんですが、
ガラスに反射して、何が何だか分からない一枚になりました。

結城神社 044

字が小さくて読み難いですが、ちゃんと由緒が書いてありました。

1334年に石清水八幡宮より勧請。
1632年に二代藩主 藤堂高次が極彩華麗な社殿を造営、の鎮守神となる。
残念ながら戦災で焼失。。。

戦前の写真がありますね。
極彩色ってことですから、綺麗だったんでしょうね。
ほんと、残念です。

また「津まつり」はこの神社から始まったようですが、
豪華絢爛の山車が町ごとにあったらしいです。
残念ながら山車もすべて焼失したそうです;;

津まつりは10月に三日間に渡り行われる市最大(多分)の祭りです。

結城神社 045

津まつりで行われる獅子舞は無形民俗文化財だそうです。

毎年、津まつりの時にこの神社の横の幹線道路を通ると法被を着た人がたくさん歩いています。
獅子舞やお神輿をするのかな?

結城神社 046

古文書もあるそうです。
江戸時代初期から明治維新にかけての文書で、戦災での焼失を免れた
貴重な古文書だそうです。

日本語で書いてあるのに読めないって悲しいな~
古文書を読めるようになりたいな~

結城神社 047

山の神がたくさん祀られてました。
町の開発であちこちの山の神がここに集められたのかな?

本殿の奥へ行くと、ちゃんと駐車場がありました。
蔵もあり、神輿や獅子頭が保管されてるのかも。

その奥には家があり車もあったので、どうやら宮司さんのお宅のようです。
お留守のようでしたので、朱印は諦めました。

結城神社 051

さらに奥へ進むと結城神社の参道に出ました。
梅で賑わう結城神社とは対照的に静かな神社でした。

  << 結城神社      熊野三山 巡礼の旅 1 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 津八幡宮 藤堂 津まつり 獅子舞 古文書

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示