fc2ブログ

長崎母娘旅 11

長崎三大寺のひとつ 大音寺  2023-10-2参拝 2024-1-20

あっという間に1月が過ぎて行きそうです。

今年はたくさん社寺巡りをしようと思っているのですが、
コロナ以降、出不精になりつつあります。

家にこもって人生が終わらないように、
アクティブにいかなくっちゃ!と
自分を奮い立たせてます^^;

10/1
伊丹空港→長崎空港→長崎駅前→福済寺→聖福寺→諏訪神社→松森天満宮→
稲佐山山頂展望台→稲佐山観光ホテル

10/2
稲佐山観光ホテル→中華街→清水寺→八坂神社→崇福寺→カフェ自由飛行→
大音寺→眼鏡橋→興福寺→大浦天主堂→グラバー園→中華街→カンデオホテルズ

10/3
カンデオホテルズ→出島→長崎駅前→長崎空港→関西国際空港

 - 正覚山 大音寺 だいおんじ -

長崎三大寺のひとつで、江戸幕府から朱印状を受けた格式あるお寺です。

慶長19年(1614)の創建。
筑後国出身の伝誉関徹によって本博多町(現在の万才町)の
ミゼリコルディア教会跡地を賜りました。
寛永15年(1638)現在地に移転。

境内には銀杏とクロガネモチの大木が長崎市天然記念物になっています。
墓地には歴史の有名人も眠っています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日は朝から体調不良だった娘さん。
崇福寺参拝の後、カフェで休んで少しだけ回復。

寺町でたくさんのお寺があって、いくつか巡るつもりでいたけど、
お寺参拝を減らして、娘さんの希望の眼鏡橋に行くことにしました。

娘は気を使ってくれて、もう少し休憩するからその間に
私だけ大音寺に行きました。


2023長崎 (260)

大音寺 総門。

大音寺は長崎の三大寺のひとつ。
たいへん格式の高いお寺です。

後の二つは、お隣の晧台寺と昨日行った福済寺の近くの本蓮寺です。
晧台寺は参拝するつもりでしたが、娘さんの体調不良により断念。


2023長崎 (262)

由緒書き。

慶長19年(1614)伝誉が本博多町(現在の万才町)の
ミゼリコルディア教会跡地を賜り創建しました。
現在も万才町の坂道に「大音寺坂」と言う名前が残っているそうです。

寛永15年(1638)に現在地へ移転。
延宝2年(1674)には歴代将軍の位牌を祀る御霊屋が建立されました。

原爆の被害は免れたものの、昭和34年に火災で本堂などを焼失しました。


2023長崎 (261)

りっぱな総門をくぐると広場があって、その先にまた立派な山門が見えます。

どこかにクロガネモチと言う爆風にも耐えた樹齢250年の木があります。
どの木なんだか分かりません^^;


2023長崎 (263)

異国情緒のある門。
これは煉瓦造の旧影照院アーチ門で1868年(明治はじめ)ごろの門です。

この門の向こうにお墓がありますが、
境内裏の山の斜面には大きな墓地があり歴史の有名人が多数眠っているそうです。


2023長崎 (264)

立派な山門。

裏山の墓地に「荒木宗太郎」という人の墓あります。
この人は安土桃山時代の御朱印貿易商で、
長崎から安南国(現在のベトナム中部)まで行っていました。

そして安南国の阮福源王から信頼を得て王女と結婚したんです。
王女は長崎の人々から「アニオーさん」と呼ばれ、生涯を長崎で過ごしました。

たまには故郷に帰りたいと思った事もあるでしょうね。
宗太郎と幸せな人生を送っていたら良いなと思いました。


2023長崎 (265)

まだまだ階段がありますね~

アニオーさんもこの階段を上ったことがあるのかしらね?

アニオー姫の輿入れは長崎くんちの出し物の「朱印船」として
再現されているそうですよ。


o0540096013642294213.jpg  怖い顔の亀がいます。
  この亀は実は龍神の子供なんですって。

  で、背中に載せている碑文は
  お寺を創建した伝誉が、
  キリシタンの多いこの地で
  どれだけ苦労したかが、
  とても難解な文で書かれて
  いるそうです。

  なんと、すべて解読すると亀が、、、
  いや龍神の子供が
  動き出すんですって!
  見てみたいよね~~
  誰かが解読したのを読むだけでは
  やっぱり駄目なんだろうね。
  




2023長崎 (266)

鐘楼。

長崎で今まで参拝してきた社寺は創建が1620年代だったけど、
大音寺は1614年の創建だったから、
まだまだキリシタンも多かったでしょうから
妨害も酷かったんでしょうね。


2023長崎 (267)

白い本堂。
御本尊は阿弥陀如来さん。


2023長崎 (268)

ドアや窓がちょっとカワイイ形の寺務所です。
御朱印を頂きに行ってきました。

対応してくださったおばさん(同年代ね)は、朱印帳を持っていなかった私に
わざわざ和紙を切って、書いてくださいました。
高校の修学旅行以来何十年ぶりかで三重県から来たという話で
楽しく盛りあがりました^^


長崎大音寺朱印

御朱印。


2023長崎 (269)

境内からの景色。

他にもフェートン号事件で自害した松平図書頭康英の墓、
阿蘭陀通詞(オランダツウジ)中山家墓地があります。
中山家は8代にわたってオランダの通訳を務めました。

娘さんが待っているので、駆け足での参拝でした。

  大音寺 長崎市鍛冶屋町5−87

次の記事は唐寺の興福寺です。

<< 長崎10 崇福寺      長崎12 興福寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 長崎大音寺キリシタン朱印荒木宗太郎アオニー

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示