FC2ブログ

飛鳥の遺跡巡りサイクリング 3

明日香村 遺跡巡りサイクリング 3           2013-11-23

川原寺跡→橘寺

次は亀石からほど近い所にある川原寺跡と橘寺です。
どちらも飛鳥時代に創建された歴史ある古寺です。

道を挟んで向かい合わせにあります。
まずは川原寺跡からです。

飛鳥 022

柵あってよく見えませんが、建物の前に広がる所が川原寺の跡地です。
後ろの建物は弘福寺(ぐふくじ)で、川原寺の金堂跡に建っています。

川原寺飛鳥の四大寺院の一つですが中世に衰退してしまったそうです。
創建は天智天皇の時代らしいです。
火災に何度か見舞われている為、文献を焼失してしまい謎の大寺院と言われています。

飛鳥 024

現在は礎石のみが残されています。

飛鳥 029

正面に見えるのが橘寺です。
礎石があちこち広がっていて、大きなお寺だったことがわかります。

飛鳥 025

弘福寺ですが、「川原寺 お食事処」という看板があります。
入ってみたらお食事処は準備中のようです。
まだ10時前ですもんね。
メニューは普通の和食ですが、コーヒーの幟もありカフェ的な感じで休憩もできるのかも。

拝観300円の貼り紙があり、重文の仏像が多数あることも書かれていて、
入ろうかすごく迷ったんですが、主人と子供たちが原っぱ(跡地)で
追いかけっこをしているのを見て、この後も予定がいっぱいなので泣く泣く諦めました;;

御朱印だけ頂いて帰りました。御朱印は「川原寺」と書いてありました。

飛鳥 026

これは本堂ではなかったです。
観音堂だったかな?ちょっと忘れましたーー;

飛鳥 028

川原寺の伽藍配置と説明がありました。

飛鳥 027

山門から橘寺を望む。
どうしてもコーヒーだの抹茶だのの幟が写真に入ってしまいます…

次は向かいにある橘寺へ行きます。
仏頭山上宮皇院橘寺と言います。

飛鳥 055

西門です。
正門は東門らしいですが、西門の前には駐車場もあり、拝観の受付もここにありました。

飛鳥 036

本堂(太子堂)です。
橘寺の御本尊は聖徳太子像だそうです。

ここは聖徳太子の誕生の地と言われ、聖徳太子の七ヵ寺の一つです。
もとは太子の祖父の欽明天皇の別宮 橘の宮があったそうです。
聖徳太子も斑鳩宮へ移る前はここに住んでいたとも言われています。

飛鳥 032

本堂より撮影。
馬の像は聖徳太子の愛馬「黒駒」です。
左に見えるのは観音堂です。

本堂は堂内に入ってたくさんの重要文化財の仏像を拝観できます。
大きな聖徳太子像があったと思います(記憶力が欲しい!)
撮影禁止だとどうしても忘れしまう;;

飛鳥 045

こちらは観音堂の堂内です。
藤原時代作の如意輪観世音菩薩です。
まるで本堂のように立派です。本堂はもっと大きくて立派でしたよ。

ただ、お供え物がなぜか袋ごとのマカロニとジャムでした。
娘はそれがツボだったようで、ずっと不思議がってました。
この後のお寺で果物などが供えてあると、どうしてあのお寺はマカロニだったのかと
思い出しては言ってました^^;

飛鳥 037

この仏様もどこかのお堂にいらしたお方です^^;
こちらもすごく立派です。

飛鳥 033

こちらは経堂。

橘寺も何度も火災に遭い、当時の建物は一つも残っていないそうで、
現在の伽藍は江戸時代に再建されたものだそうです。
当時は66棟もの堂舎が立ち並び、やっぱり大寺院だったそうです。

飛鳥 035

橘の地名の由来になった橘の木です。
この木は聖徳太子より遡ること500年(くらいかな?)垂仁天皇の勅命で
田道間守(たじまもり)と言う人がトヨコの国(中国雲南省あたり)へ
不老不死の薬を探しに行きました。
十年間の苦労の末、彼が「トキジクノカグノコノミ」という種を持って帰った時には
天皇は亡くなっていたそうで、その種をこの地に蒔くと芽を出したのが橘だったそうです。
ミカンの原種ですって。
それからこの地は「橘」となったそうです。

もう一つ建て看板がありますが「蓮華塚」と書かれています。
聖徳太子が勝鬘経(しょうまんきょう)を三日間にわたり読んだ時に南の山に
千の仏頭が現れ大きな蓮の花が庭に積もり、太子の冠から日月星(三光)の光が
輝いたそうです。 (想像すると恐ろしい光景のような気がしますが・・・)
この不思議を見て天皇が太子にこの地に寺を建立するように言ったそうです。

その時降った蓮の花を埋めた所が蓮華塚です。

飛鳥 038

三光石
聖徳太子が勝鬘経を読んだ時に座った石らしいです。
ちょうど三つの石がくっ付いた様な形で、日月星を表しているようです。

飛鳥 039

阿字池。
三光石の後ろにあり、説明の通り聖徳太子が掘ったそうです。

飛鳥 040

五重塔跡。落雷で焼失><その後、三重塔を再建。兵火によって焼失><

飛鳥 041

東門。こちらが正門ですね。

飛鳥 042

正門から本堂を見る。

飛鳥 046

鐘楼。鐘をついた子供たち^^

この奥に新しく建てられた往生院がありました。

飛鳥 050

天井絵が綺麗でした。

飛鳥 048

円空仏があった!
と思ったら平成円空彫と書いてあります。円空風に彫られた最近の像ですね。

飛鳥 051

最後はこれ!謎の飛鳥石造物の一つ 二面石
悪の顔と善の顔だそうで、人の心の善悪を表したもと言われています。
苔だかなんだか、石が斑で良くわかりません><

飛鳥 054

橘寺からの眺め。
橘寺はすこし高台になっていますので、眺望が良いです。
川原寺のずっと奥に見える丘は甘樫丘です。
右側には当時、飛鳥京の宮殿が広がっていたんですね~

意外にゆっくりとお寺を見れました^^満足です!
さあ、次は明日香村の超有名な石舞台古墳です。

     << 飛鳥 遺跡巡りサイクリング2       飛鳥 遺跡巡りサイクリング4 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 明日香村 飛鳥 川原寺 橘寺 聖徳太子 石造物 二面石 三光石 礎石

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示