fc2ブログ

熊野南紀母子旅 1

徐福伝説の地 波田須 2021-12-19参拝 2022-2-25

母と姉との旅の第二弾です。
今回は次女が同行して、またまた母子三代の旅です。

春先に行こうと思っていましたが娘が休みが取れたという事で
急遽、12月に一泊の熊野南紀の温泉旅行にしました。

1日目
熊野 波田須神社と徐福の宮→阿須賀神社(新宮)→紀伊勝浦 ホテル浦島
2日目
妙法山 阿弥陀寺→那智大社→青岸渡寺→みかんを買って帰宅

- 波田須神社 徐福の宮 -

波田須神社の創建は康平7年(1064)正月。主祭神は応神天皇。
明治に現在の場所に遷座。

徐福の宮は創建不明。
波田須神社よりも古い事が分かっています。
明治に波田須神社と同じ場所に祀られましたが、昭和に旧鎮座地に戻りました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

続きを読む

スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 熊野波田須神社徐福の宮波多須徐福熊野古道

伊勢神宮の紅葉 3

宇治の氏神さん宇治神社 2021-12-5参拝 2022-2-21

毎日毎日コロナが何人ってニュースばかりで、
パンデミックなんて映画の世界だと思っていたのに、
こんなことになろうとは。。。

それでもワクチンや薬が開発されて、なんとかなりそうだと思えてきました。
がんばっているすべての人にエールを!

神宮宇治工作所→おはらい町・とうふ屋→伊勢神宮内宮→宇治神社・足神さん

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

続きを読む

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊勢伊勢神宮内宮宇治神社足神さん氏神朱印

伊勢神宮の紅葉 2

伊勢神宮内宮の紅葉  2021-12-5参拝  2022-2-15

昨年の12月はコロナが少なくなって、みんなが待ってましたと動き出しましたね。
高齢の実母も「もういつ死ぬか分からない」って言っていたのに、
旅行に出かけたら見違えるように元気になりました。

旅行に行くと言う目標ができると、それに向けて動ける体を維持する為に、
運動したり食べ物に気を付けたり、何より気力が湧いてくるようです。

そんな母と伊勢神宮の紅葉を見てお昼を食べに出かけました。
早くコロナが終息するように祈ってきました。

神宮宇治工作所→おはらい町・とうふ屋→伊勢神宮内宮→宇治神社・足神さん

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

続きを読む

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊勢神宮内宮風日祈宮神風紅葉五十鈴川

伊勢神宮の紅葉 1

伊勢おはらい町の賑わい  2021-12-5訪問  2022-2-10

11月の犬鳴温泉母子旅から毎日のように電話をかけてくる母。
よっぽど楽しかったようです。
親孝行もいつ最後になるかもしれないと思うようになり、
時間がある時は実家へ足を運ぶようになりました。

今回は伊勢神宮周辺の紅葉を母と見ようと思ってきました。

コースは、、、
神宮宇治工作所→おはらい町・とうふ屋→伊勢神宮内宮→宇治神社・足神さん

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

続きを読む

theme : 史跡
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊勢伊勢神宮内宮おはらい町宇治工作所とうふ屋おかげ横丁五十鈴川

湖南アルプスの太神山不動寺

懸造りの本堂の太神山不動寺  2021-11-23参拝  2022-2-7

相方の紅葉を見に行こうの言葉で参拝が決まりました。
私は母や娘とあちこち旅行に行ってますが、
相方はずっとお留守番です。
退屈だったんでしょうね^^

- 太神山不動寺 たいじんざんふどうじ -

滋賀県の大津市にありますが、信楽の近くです。
山としては太神山を「たなかみやま」と読みます。
周辺の山一帯を田上山と書いて「たなかみやま」と読みます。
なので「田上不動寺」とも言います。

もともと太神山山頂に神宿る巨大な岩座があり、
田の神と結びついた山の神信仰に根ざした神体山でありました。

創建は貞観元(859)年、三井寺の開祖・智証大師円珍。
三井寺造営のための良材を求めてこの地に入り、
神のお告げで不動明王を彫り、岩窟に安置したのが始まり。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


続きを読む

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 滋賀太神山不動寺田上山円珍不動明王三井寺湖南アルプス

日帰り加太の旅 後篇

数万体の人形が境内を埋める淡島神社 
                2021-11-18参拝 2022-2-2


長女との日帰り加太の旅です。

加太は「かだ」と読みます。
交通の要衝で紀州、淡路島、四国を繋ぐ港町として栄えました。
温泉もあり、淡島神社の門前町でもあり、昭和の時代は
観光で賑わったようです。
今も淡島神社への参拝者は多いようですが、なんといっても
午前中に行ったラピュタみたいと紹介された友ヶ島ですね~

午後はランチと淡島神社です。

- 淡島神社 あわしまじんじゃ -

淡島神社・粟島神社・淡路神社の総本社。
創建は仁徳天皇の時代(257年〜399年)とされます。

三韓出兵の帰途突然の嵐に遭遇した神功皇后が、
神に導かれ神島(淡島)に辿り着き難を逃れました。
数年後、神功皇后の孫である仁徳天皇が友ヶ島に狩りに来た際、
不自由な島から対岸の加太に遷したことが淡島神社の始まりです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

続きを読む

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 和歌山加太淡島神社朱印友ヶ島人形供養雛祭神功皇后

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示